海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 医療従事者向け、症例の画像をアップ&シェアし、データベースとして参照できる「Figure1」

Social Media

医療従事者向け、症例の画像をアップ&シェアし、データベースとして参照できる「Figure1」

画像をシェアするプラットフォームとしては、人気がある「Instagram」をはじめ、料理の画像やレシピをシェアするプラットフォームなど色々あるが、これを医療分野に導入したのが「Figure1」というアプリである。「Fig...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Figure1画像をシェアするプラットフォームとしては、人気がある「Instagram」をはじめ、料理の画像やレシピをシェアするプラットフォームなど色々あるが、これを医療分野に導入したのが「Figure1」というアプリである。「Figure1」は、医療従事者たちが症状の画像をシェアして、お互いに議論する場として活用できるほか、症例画像のデータベースとして役立つことも期待されている。

医療従事者たちは、自分たちが取り扱っている症例の画像を「Figure1」にアップでき、画像内に矢印をつけたり、色づけしたり、注釈を加えたりすることができる。それを見た他のユーザーとともに、症例に関するディスカッションをおこなえる。

それぞれの画像には、関連するワードで“タグ付け”され、コミュニティ内で検索がしやすいようになっているほか、画像に星をつけておき、関心をもっている案件や重要度の高い案件について、後から参照しやすいよう工夫がされている。

“画像の公開”には、もちろん患者のプライバシー保護が問題になってくるが、「Figure1」では“顔認証”技術が用いられており、画像の人物の顔部分が自動的にブロックされるようになっているため、その点は安心。「Instagram」はエンターテイメント性がより高いが、同じようにSNS的なプラットフォームを活用することで、医者や医学部生たち専門家同士が、気軽に互いの知識や意見の交換をおこなうチャンスを増やす「Figure1」。アプリは、App Storeからダウンロードすることが可能だ。

Figure1
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報