海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up YouTubeも観られるプロジェクター「Oracle」は最大180インチ投影!

Start Up

YouTubeも観られるプロジェクター「Oracle」は最大180インチ投影!

テレビは持たず、動画はもっぱらネットで、という読者は多いのではないだろうか。 ただ、PCやスマホではなく大画面で観るとより楽しめそうなコンテンツがあるのは確か。そんなときに便利なのが、OSを搭載しているプロジェクターだ。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビは持たず、動画はもっぱらネットで、という読者は多いのではないだろうか。

ただ、PCやスマホではなく大画面で観るとより楽しめそうなコンテンツがあるのは確か。そんなときに便利なのが、OSを搭載しているプロジェクターだ。

今回紹介する「Oracle」もそうした“どこでも映画館”を可能にするツールだ。

・スクリーンキャスト機能も


OracleはAndroid OSを搭載し、Wi-FiやBluetoothで接続する。なので、ホーム画面から操作してYouTubeやネットテレビなどを好きな場所で鑑賞できる。

しかもOracleは最大180インチの投影が可能。アクションものや、自然ドキュメンタリーなどを大スクリーンならではの迫力で楽しめそうだ。

もしネット接続が不可の環境であれば、16GBの内蔵ストレージを活用するといいだろう。スクリーンキャスト機能でスマホやタブレットにあるコンテンツを観るのもありだ。

・連続4.5時間駆動


映像のクォリティはというと、解像度は1280×800ピクセル、720p。500 ANSIルーメン(3000ルーメンに相当)の明るさで連続4.5時間使用できる。

プロジェクターとして使わない時、Bluetoothスピーカーとして活用することもできるので、テレビは置きたくないけれど大画面や音楽を楽しみたいという人にはうってつけそう。

Oracleは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。今なら499ドル(約5万6000円)〜となっていて、出資はあと1カ月ほど受け付ける。

Oracle/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報