海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ブロックチェーンを活用した低所得者のためのスマートIDアプリ「Fummi」

Start Up

ブロックチェーンを活用した低所得者のためのスマートIDアプリ「Fummi」

米ニューヨークのスタートアップ企業「Blockchain for Change(ブロックチェーン・フォー・チェンジ)」は、低所得者に向けて、スマートID機能とデジタルウォレットを兼ね備えたスマホアプリ「Fummi」を開発...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューヨークのスタートアップ企業「Blockchain for Change(ブロックチェーン・フォー・チェンジ)」は、低所得者に向けて、スマートID機能とデジタルウォレットを兼ね備えたスマホアプリ「Fummi」を開発した。

・スマートIDとデジタルウォレットを備えたスマホアプリ


世界銀行のデータによると、世界全体で推計11億人がID(身分証明書)を持っておらず、医療や教育、生活支援など、社会福祉サービスを受けるうえで、大きな妨げのひとつとなっている。

そこで、「Blockchain for Change」では、「Hyperledger Fabric」と「Ethereum」という二種類のブロックチェーン基盤を活用し、情報と金銭をセキュアで安全に保存・処理できるプラットフォーム「Fummi」を構築した。

「Hyperledger Fabric」をベースとする「Fummi」のスマートID機能では、ユーザーが個人情報などを入力しておくことで、第三者機関を介さずにIDを認証させ、必要な社会福祉サービスを確実に受けることができる。

また、「Blockchain for Change」は、「Ethereum」上で独自の仮想通貨「Change」を発行し、「Fummi」のデジタルウォレットでこのトークンを管理できる仕組みを実装。

ユーザーは、個人情報の登録や社会福祉サービスの受給申請など、「Fummi」を利用するごとにトークンを獲得でき、獲得したトークンは、ユーザー間で取引できるほか、「Fummi」に参加する機関や団体の福祉サービスなどに利用することもできる。

・ブロックチェーンを活用し、社会福祉サービスを確実に届ける


「Fummi」は、ブロックチェーン技術を効果的に活用することによって、透明性を担保しながら、公的支援や社会福祉サービスを必要な人々に行き渡らせようとしている点が秀逸だ。(文 松岡由希子)

Blockchain for Change
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報