海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 家族の居場所確認アプリ「Life360」、1000万ドルの新資金をもとにアジア進出へ

Mobile

家族の居場所確認アプリ「Life360」、1000万ドルの新資金をもとにアジア進出へ

携帯電話を使って家族の居場所をリアルタイムに確認できるアプリ「Life360」はこのほど、新たに1000万ドルの資金を調達したと発表した。この資金をもとに、新機能の開発や米国外でのアプリサポートなどを行う。同社が拠点を置...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Life360携帯電話を使って家族の居場所をリアルタイムに確認できるアプリ「Life360」はこのほど、新たに1000万ドルの資金を調達したと発表した。この資金をもとに、新機能の開発や米国外でのアプリサポートなどを行う。同社が拠点を置く米国に次いで需要が大きいアジアで、早ければ今秋にもローカライズしたアプリを展開する。

犯罪や事故が多い昨今の事情を反映してか2008年にサービスを開始した「Life360」は順調にユーザーを増やし、すでに4100万人を超えた。これはFoursquareの3000万人を大きく上回る。特に今年は米国外での利用者数が増え、ユーザーの半数が米国外に住んでいるという。こうした事態を受け、各国にローカライズしたアプリの展開をまずはアジアで今秋にも展開し、その後はヨーロッパにも拡大する方針だ。

開発する新機能としては、カーナビとの融合だ。今回の増資にはBMWが300万ドル拠出しているが、カーナビにLife360の機能を搭載し、音声入力で家族の居場所までナビするシステムの開発を目指す。また、ホームセキュリティとの連携も視野に入れている。具体的には、家族が皆外出したら自動的にセキュリティシステムがオンになるというものだ。上記の機能は導入までにはまだ時間がかかるが、近いところでは家族以外のメンバー(親戚やベビーシッターなど)もネットワークに参加できる「Circles」という機能の提供を予定している。

アプリは無料。月額4.99ドルのプレミア会員になると、緊急時にアドバイザーと呼ばれるスタッフのアシストを24時間受けられるなどのサービスが利用できる。

Life360
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報