海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 突然のハプニングを逃さない腕時計型カメラ「Cleep」はお手頃価格

Tech

突然のハプニングを逃さない腕時計型カメラ「Cleep」はお手頃価格

シャッターチャンスは突然やって来る。だが、その瞬間にカメラを携帯しているとは限らないし、スマートフォンをバッグの奥にしまっているかもしれない。 腕時計型カメラ「Cleep」は、ここぞという時にその真価を発揮するガジェット...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャッターチャンスは突然やって来る。だが、その瞬間にカメラを携帯しているとは限らないし、スマートフォンをバッグの奥にしまっているかもしれない。

腕時計型カメラ「Cleep」は、ここぞという時にその真価を発揮するガジェットだ。これを腕にはめていれば、SNS映えする最高のショットを撮影できるかもしれない。

・手首の上の1300万画素


Cleepは極めてシンプルなデザインの製品だ。だがそのシンプルさの中には、どこまでも可能性が広がっている。

搭載されているカメラは静止画1300万画素、動画1080Pの性能を有し、Wi-FiとBluetoothの両方によるモバイルコネクティングが可能。IP67の防塵防水規格にも対応している。

通常のカメラのように、ファインダーから撮影対象を覗くことはもちろんできない。だから意図したシーンを捉えることは難しいのではとも思えるが、そこは水平150度の広角仕様で対処している。

ベルトはマグネット式で、容易な脱着を実現している。また、ベルトの所定の位置をクリックすれば撮影が始まるのだが、その際にCleepは振動する。大事なアクション毎にバイブレーション機能が作動するから、誤った起動を防ぐこともできるだろう。

専用アプリを介して、撮影した動画や写真を各主要SNSに配信することももちろん可能だ。

・来年中頃の配送


Cleepはクラウドファンディング「Kicstarter」で、129ユーロ(約1万7000円)からの出資枠を設けている。配送は来年7月からの予定。

日本へも対応しているが、この場合は別途19ユーロ(約2500円)の配送手数料が加算される。

決済から半年以上待たなければならないという点は気になるが、これが市場流通すればSNSに日々アップされる画像にも変化が訪れるかもしれない。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報