海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 仲間内での割り勘や貸し借りを計算・管理できるアプリ「BillPin」、40通貨とBitcoinに対応

Start Up

仲間内での割り勘や貸し借りを計算・管理できるアプリ「BillPin」、40通貨とBitcoinに対応

友達と飲食や映画鑑賞をともにするのは楽しいが、割り勘の計算は面倒なもの。その場で片がつけばいいが、持ち合わせがなかったりして後日払うといった場合は少々厄介だ。しかしアプリ「BillPin」を使えば、割り勘の計算が簡単にで...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BillPin友達と飲食や映画鑑賞をともにするのは楽しいが、割り勘の計算は面倒なもの。その場で片がつけばいいが、持ち合わせがなかったりして後日払うといった場合は少々厄介だ。しかしアプリ「BillPin」を使えば、割り勘の計算が簡単にできるうえ、賃借の管理もできる。スタートから約5カ月たち、現在40通貨と仮想通貨Bitcoinに対応、このほど複数の通貨を使った賃借記録も可能になった。

アプリ内に友人を登録しての利用が前提だ。レストランなどで勘定を単純に人数で割って計算したり、特定の人の額を固定して残額を他の人で平等に割ったりすることができる。また、お金の貸し借りが発生する場合、「食事代○ドル、AがBに貸す」などと記録できる。記録内容は関係者へメールで通知がいくほか、それぞれのアカウントにアップデートされる。アプリを立ち上げると自身の賃借の総額や、誰にいくら借りたり貸したりしているかといった詳細が一目で分かるようになっている。

同アプリでは、40通貨と仮想通貨Bitcoinの利用が可能で、「Aにピザ代○ドル貸し」「Bにランチ代○ユーロ借りる」というふうに、アカウント内で複数の通貨による賃借の管理もできるので、多国間を行き来する留学生やビジネスマンらには便利だろう。「Cにビール1杯借り」という記録がOKなのも面白い。

シンガポール発のBillPinだが、今年4月には米国拠点の「BillMonk」を買収するなど積極的な動きを見せている。利用者は順調に増え、これまでに2000万ドル超の貸し借りに利用されたという。アプリはiOS、Android、ウェブに対応している。

BillPin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報