海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile iMessageで個人間送金ができる「Apple Pay Cash」、米国でベータ版開始

Mobile

iMessageで個人間送金ができる「Apple Pay Cash」、米国でベータ版開始

iPhoneのiMessageで送金ができる「Apple Pay Cash」のベータ版サービスが米国ユーザー限定で始まった。 親が子供にお小遣いをあげたり、友人に割り勘代を払ったりがiPhoneで簡単にできるようになる。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのiMessageで送金ができる「Apple Pay Cash」のベータ版サービスが米国ユーザー限定で始まった。

親が子供にお小遣いをあげたり、友人に割り勘代を払ったりがiPhoneで簡単にできるようになる。

・iMessageにPayボタン


Apple Payはご存知の通り、iPhoneにクレジットカードやデビットカードを登録しておいて、対応店舗でiPhoneをかざすだけでショッピングができるというサービス。

ここに新たに加わったのが、個人間送金だ。iOS 11.2 beta2にアップデートすると、iMessageのなかにApple Payボタンが現れるようになる。

・数ステップで送金終了


実際に使うには、まずはApple Payボタンをタップして額を設定。そしてPayボタンをタップしてからTouch IDで承認すれば送金終了となる。

送ったお金は相手のWalletアプリのアプリのApple Pay Cashカードに入金され、相手はそのお金をすぐに使ったり、銀行口座に移したりすることができる。

こうした一連の送金手続きは、Siriを介しても可能となっている。現在の送金にかかる手間や手数料を考えると“超お手軽送金”といえる。

米国以外での同サービスの展開についてはまだコメントはないが、Apple Payが米国から始まって各国に広まったことを考えると、日本上陸もそう遠くはないのかもしれない。

Apple Pay
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報