海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 「OttoCat」でApp Store内のアプリを見つけやすく!“カテゴリー分類”で検索が容易に

Marketing

「OttoCat」でApp Store内のアプリを見つけやすく!“カテゴリー分類”で検索が容易に

スマートフォンがこれほど爆発的に普及した背景には、端末そのものの性能が高いというだけでなく、多くの便利なアプリが開発されてきたことが、大いに貢献しているだろう。AppleのApp Storeでは、100万点近くに及ぶアプ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
OttoCatスマートフォンがこれほど爆発的に普及した背景には、端末そのものの性能が高いというだけでなく、多くの便利なアプリが開発されてきたことが、大いに貢献しているだろう。AppleのApp Storeでは、100万点近くに及ぶアプリが提供されていて、素晴らしいツールの宝庫となっているが、現行のサーチシステムだと、ユーザーが入力したキーワードでしか検索がかけられず、また、これまでにダウンロードされたり、レビューが記入されていないアプリの場合、アプリの正式名称などが正確に入力されていなければ、検索にヒットすらしない。

たくさんの埋もれた素晴らしいアプリを見つけやすくしようと、Edwin Cooper氏が開発したのが、「OttoCat」という自動カテゴライズシステムだ。氏の調査によると、それぞれのカテゴリ内でランキングトップ100に入るアプリは、全体数のわずか0.5%に過ぎず、約30%のアプリが評価もコメントも記入されていないという。

「OttoCat」は、言語分析のシステムを活用し、App Storeのすべてのアプリをカテゴリー分類するというもの。特許を取得している“言語学評価”技術をもとに、それぞれのアプリをカテゴリーごとに区別し、アプリを見つけやすくするよう、“Book”“Business”“Education”“Entertainment”“Food & Drink”“Lifestyle”“News”“Social Networking”“Sports”“Travel”など、全部で23のカテゴリーに分類。また、23のメインカテゴリーのほかに、50万のサブカテゴリーを作成し、たとえば“Entertainment”カテゴリーは、“cinema”“music”“comedy”など、さらに細かく分けられる。1つのアプリは、平均しておよそ10のカテゴリーにまたがっているという。

「OttoCat」では、現在Webでのみサービスを利用できるが、今後タブレットやスマートフォンにも対応させる予定だ。また、「OttoCat」からアプリを購入した場合、5%オフになるという。

OttoCat
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報