海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 現役イラストレーターが開発!日本発、クリエイターのための便利デバイス「Rev-O-mate」

Start Up

現役イラストレーターが開発!日本発、クリエイターのための便利デバイス「Rev-O-mate」

あのKickstarterが、9月13日より正式に日本版をリリースしたというニュースは、敏感な読者ならすでにご存知のことだろう。これにより、今後日本のクリエイターたちは、国内のみならず、世界中のサポーターから支援を受けら...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
あのKickstarterが、9月13日より正式に日本版をリリースしたというニュースは、敏感な読者ならすでにご存知のことだろう。これにより、今後日本のクリエイターたちは、国内のみならず、世界中のサポーターから支援を受けられるようになる。今まで以上に独創的なアイディアが、サイトに集まることを期待したい。

そんな矢先、早速発見したのがこのプロダクト。日本の現役イラストレーターが開発した「Rev-O-mate」。イラストや写真に携わる仕事をしている人なら、誰でも欲しくなりそうな、クリエイターによるクリエイターのための便利デバイスだ。

・必要な機能を自由に割り当てられる


「Rev-O-mate」は、押し込み可能な無限回転ダイアルと、柔軟設定が可能な10個のボタンが一体となった、クリエイター向けデバイス。PCとの接続に専用ドライバを必要とせず、標準ドライバで動作する他、キーボード、マウス、ジョイスティック、マルチメディアキーの機能を、自由に割り当てられる。

複数キーの組み合わせや、マクロ入力にも対応可能。各設定は本体のメモリが記憶するため、違うパソコンを使ってもデバイスさえあれば、前回の設定のまま使用できるようになっている。

・異なるアプリケーションでの操作体系を統一


PhotoShop、ClipStudio、SAIといった、各アプリケーション間で操作が異なる「拡大/縮小」、「回転」や「ブラシサイズの変更」等にも、複数プロファイルを使用することで、コントロール体系を統一。デバイス下部のRGB-LEDによる光の演出も、便利な機能の1つだ。イルミネーション効果はもちろん、各プリセットごとにユーザー独自のカラーを割り当てれば、現在の動作モードを視覚的に把握できるようになる。

本体は、高級感のあるアルミダイキャストボディ。ダイアルは、アルミ削り出しによって、滑らかに素早く稼働する。底部にはノンスリップ、クリアラバー素材を採用。ハードな取り扱いにも、十分耐えられる強さを備えている。

Kickstarterでの人気は高く、早くも目標の2倍近い額を達成。プレオーダーでは、売り切れのセットも出ている。早期割引の適用は、日本円で6500円から。申し込み締め切りは、11月4日。

Rev-O-mate/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報