海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech “路面を走るだけで電気自動車を充電する”システムをVolvoが開発中

Tech

“路面を走るだけで電気自動車を充電する”システムをVolvoが開発中

“環境への配慮”に対して関心が高まり、またテクノロジーの発展に伴って、電気自動車は私たちにとって身近なものになってきた。環境対策やエコロジー分野における先進国スウェーデンに本拠地を置く自動車メーカーVolvoと、スウェー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Volvo-electric-road“環境への配慮”に対して関心が高まり、またテクノロジーの発展に伴って、電気自動車は私たちにとって身近なものになってきた。環境対策やエコロジー分野における先進国スウェーデンに本拠地を置く自動車メーカーVolvoと、スウェーデンの電力会社Alstomは、ワイヤレスで充電する電気自動車のシステムを共同開発している。

これは、“2つの電力のラインが内蔵されている特殊な路面”を自動車が通ると、直接そこから電気自動車の充電がおこなえるというシステムである。この充電システムによって、電気自動車は電力供給を随時受けながら、持続的に走行を続けることが可能になる。

Volvoグループではテストとして、スウェーデン国内のある地域において、1/4マイルごとに道路に電力ケーブルを埋め込んだ。そして、電力ラインとコンタクトする集電装置を搭載した、特殊なテスト用トラックを開発。このトラックが、路面に埋め込まれた電力ライン上を走行すると、水冷式発熱体を経由して、750ボルトの電流が届けられるという仕組みになっている。ただし、安全性の問題から、時速60キロメートル以上のスピードのとき、その仕組みが作動するようになっているという。

このシステムがあれば、電気自動車はわざわざ充電スポットに立ち寄らなくても、走行を持続することができるようになり、バッテリーを搭載する必要すらなくなる。また、天災によって電力ラインに支障を来たすケースが多いアメリカのようなエリアでも、安定した電力供給をおこなえるというアドバンテージもありそうだ。まるで「電車の仕組みを、道路と車に置き換えたような」このシステムは、まだテスト段階であるが、もしかすると将来的に、一般に普及した技術になるかもしれない。

Volvo electric road
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報