海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 3Dデータを使って誰でも製品製造・販売ができる「rinkak(リンカク)」、ベータ版の事前登録開始

Start Up

3Dデータを使って誰でも製品製造・販売ができる「rinkak(リンカク)」、ベータ版の事前登録開始

3Dプリンターの登場など、デジタル製造技術の進歩がめざましい。そうした中、3Dデータをもとにした製品製造・販売ができる「rinkak(リンカク)」がまもなくサービスを始める。デジタル製造機器は高価でなかなか手が出せないが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
rinkak3Dプリンターの登場など、デジタル製造技術の進歩がめざましい。そうした中、3Dデータをもとにした製品製造・販売ができる「rinkak(リンカク)」がまもなくサービスを始める。デジタル製造機器は高価でなかなか手が出せないが、このサイトでは3Dデータさえつくれれば企業、個人問わず誰でも製品化をオーダーできるというものだ。rinkakを運営するカブク(東京)はこのほど、ベータ版の事前登録を開始したと発表した。

3Dプリンターは簡単に製品をつくれる技術として最近注目を浴びている。しかしまだ高価なため、購入を躊躇する人・事業所は多いだろう。そうした人のものづくりをサポートしようと、rinkakではユーザーが3Dデータをrinkakのサイトにアップロードすれば製造をオーダーできる。材料はプラスティックをはじめ、陶器や金属、ラバーなどから選べ、フィギュアやガジェット、アクセサリー、雑貨などがつくれるようになる。しかも製造したものはサイトで売買できる。

同サイトの展開について、カブクは「デジタル製造技術を活用することで誰もがモノを売ることができるようになる。少ない品種の大量生産ではなく、多種の少量生産が可能になり、嗜好性の高い商品がどんどん生まれる可能性がある」としている。確かに、自身が設計したものが実際に造形でき、しかも販売できるとなれば、ものづくりはますます楽しくなるに違いない。サービスは「近日公開」としており、事前登録した人は開始をいち早く知らせてもらえる。

rinkak
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報