海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up スマホをワンタッチ操作で応答可能にするaPaaS「BrainShop」を無料公開中

Start Up

スマホをワンタッチ操作で応答可能にするaPaaS「BrainShop」を無料公開中

近年、人間との相互コミュニケーションを実現する会話型AIの存在感が顕著になりつつある。 「BrainShop」と呼ばれる会話型AI技術を実装した携帯端末は、人間の言葉を理解し、人間によるワンタッチ操作で応答可能だ。 ・2...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、人間との相互コミュニケーションを実現する会話型AIの存在感が顕著になりつつある。

「BrainShop」と呼ばれる会話型AI技術を実装した携帯端末は、人間の言葉を理解し、人間によるワンタッチ操作で応答可能だ。

・2言語間の切り替えがスムーズ


「BrainShop」の開発に携わったAcobotは2010年に創業したばかりのスタートアップである。同社は創業以来、英語対応の会話型AIの開発に注力してきた。

「BrainShop」は英語と中国語(簡体字)の2言語に対応。必要に応じて、両言語がスムーズに切り替わるようになっている。今後は市場の需要を加味し、対応言語を増やしていく予定である。

・中小企業向けAPIプラットフォームとして


「BrainShop」はアプリ開発者向けのaPaaS(アプリケーション・プラットフォーム・アズ・ア・サービス)というもう一つの顔を持つ。

AIの開発に要する費用は決して安価ではない。Googleやマイクロソフト、IBMなどの大手のみならず、中小企業にもAI事業への参入のチャンスを与えるべく登場したのが無料の「BrainShop」(β版)である。

機械に人間の言語を理解させ、人間の言語での応答を実現させる点で、IBM「ワトソン」やグーグル「テンソルフロー」とは一線を画する。

コーディングの知識を一切必要とせず、脳やバーチャルロボットの専門家とミーティングを開いているような使い心地だ。AIにビジネス方針などを教え込むだけで、SiriやCortanaに準ずる独創性に富んだAI関連製品を容易に生み出せるようになる。

BrainShop
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報