海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ピンク色の天然チョコをスイスメーカーが開発!業界に80年ぶりの革命

Tech

ピンク色の天然チョコをスイスメーカーが開発!業界に80年ぶりの革命

近い将来、バレンタインデーではピンク色のチョコレートで愛を表現できるようになりそうだ。 スイスのカカオ・チョコレートメーカーBarry Callebaut(バリー・カレボー)は、ピンク色をしたチョコレートの製造に成功した...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近い将来、バレンタインデーではピンク色のチョコレートで愛を表現できるようになりそうだ。

スイスのカカオ・チョコレートメーカーBarry Callebaut(バリー・カレボー)は、ピンク色をしたチョコレートの製造に成功した。着色料は使用していない天然のチョコレートで、ベリー系のフルーティーな味がするという。

・開発に10年


ベリー系のフルーティーな味といっても、実際にベリーなどが使われているわけではない。Barry Callebaut社が「ルビー」と呼ぶ特殊なカカオ豆を原料とする。

同社によると、この新チョコレートの開発には約10年の歳月を要したという。ドイツ・ジェイコブス大学の科学者の協力を得て、ピンク色をしたカカオパウダーの抽出に成功した。

・ホワイトチョコ以来


肝心のお味の方はというと、苦くもなく、甘すぎることもなく、カカオ豆に由来するベリーっぽい味がするとのこと。

チョコレートの種類として最も新しいものはホワイトチョコになるが、ピンクチョコをそれに続くものと位置付けると実に80年ぶりの新タイプとなる。

同社は「消費者向けの販売は少なくとも6カ月は先」としていて、一般発売されるときは再び話題になりそうだ。

Barry Callebaut
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報