海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 腕輪型デバイス「Soundbrace」で、楽器がなくてもエアギターでどこでも練習可能に

Start Up

腕輪型デバイス「Soundbrace」で、楽器がなくてもエアギターでどこでも練習可能に

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Soundbraceエレキギターは、ギターソロ部分の演奏やパフォーマンスが魅力で、ロック音楽では欠かせない存在。“エアギター”は、そんなギターのパフォーマンスを真似て、まるでギターを弾いているかのように振舞うアクションだが、世界大会が開催されるなど、多くの人に認知されているメジャーなものでもある。しかし、このエアギターで実際に音を奏でられたら……と思いはしないだろうか。

それをかなえるのが「Soundbrace」という、腕に装着するタイプの、腕輪のような形をしたデバイスである。「Soundbrace」のデバイスには、モーションキャプチャーをするカメラが搭載されており、指のポジションを検知する“3Dモーションコントローラー「Leap Motion」”の技術と、“筋肉内の電子信号をキャッチする「Myo」”の技術が用いられている。

ユーザーはまず、腕輪型デバイスを装着し、実際にギターを演奏してみる。そうすると、「Soundbrace」のセンサーが、コードや音を奏でたとき、指板のどの位置に手が配置されているのか距離を計測し、個人ごとに異なる演奏スタイルを記憶する。腕に装着するデバイスは左右で対になっており、お互いの距離を計測し、通信しあって情報のやり取りをおこなっている。そして、この腕輪型デバイスにイヤホンを挿入し、エアギターの動きをすると、演奏に伴って実際に音が聞こえてくるという流れ。

USBポートも設けられているので、パソコンなどにつないで充電したり、アプリと連動させるようなこともできそうだ。現在のところ、イヤホンを装着している本人にしか音は聞こえないが、もし、これが周囲の人にも聞こえるように改良された場合、エアギターはいよいよただの“動作の模倣”というだけでなく、“本物の音を伴う演奏”に近づいていくことだろう。

Soundbrace
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報