海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 着水したドローンを水没から救う「ドローンフロート」

Tech

着水したドローンを水没から救う「ドローンフロート」

ドローンを壊すこととなくすこと、どちらがより怖いかといえば間違いなく後者である。 たとえドローンがバラバラに壊れても、その現物さえあれば保険が下りる。だが、紛失はそうではない。このあたりスマートフォンもそうだが、ドローン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローンを壊すこととなくすこと、どちらがより怖いかといえば間違いなく後者である。

たとえドローンがバラバラに壊れても、その現物さえあれば保険が下りる。だが、紛失はそうではない。このあたりスマートフォンもそうだが、ドローンの場合は「不時着水からの水没」という可能性がある。

そういうこともあり、ドローンの水上飛行は慎重にならざるを得ない。

・ドローン用エアバッグ


だからこそ、万が一ドローンが着水してしまった場合の対策を考慮しなければならない。

国内クラウドファンディング「Makuake」に登場した「ドローンフロート」は、愛機の水没を防ぐ外付けエアバッグである。

重量わずか250g。携帯型小型ドローンや競技に特化したドローンでなければ、あらゆる機体に装着できるという。

ドローンが着水すると、水感知装置が作動しエアバッグが膨らむ。ありそうでなかった製品である。この発明により、今後多くの機体が水没から救われるはずだ。

・公共マナーの問題


ドローンフロートの販売予定価格は、税込2万9800円。だが現在、Makuakeにおいて2万2000円の投資枠が設けられている。出資者への配送は、今年11月を予定している。

こうした製品は、これから「装備しなくてはならないもの」になっていく可能性がある。落下した機体の回収に全力を傾けることは、パイロットにとっての責務と言える。これは保険が適応されるか否かよりも、むしろ公共マナーの問題ではないか。ドローンの発達は、安全面での担保があってこそ実現する。

マナーを意識すればするほど、「機体の落下対策」を検討することが求められるのだ。

Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報