海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 走りながら障害物を乗り越えることもできるチーター型ロボットを米MITが開発中

Tech

走りながら障害物を乗り越えることもできるチーター型ロボットを米MITが開発中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のMITのバイオミメティック研究室では、自動操縦能力を有する超ミニサイズのチーター型ロボットを開発中である。

本物のチーターと同様、敏捷性に優れており、走ったり、ジャンプしたり、さらには回転したりすることもできる。

・生物学の理論に則ったロボット


本物のチーターのような動作を再現できるのは、生物学の理論に則り設計されているためだ。

「チーターは回転する時に尻尾が動く」という生物学的特徴をしっかりと押さえており、結果身体のバランスや機動性の向上にもつながっている。

・強い力を検出可能な多軸構造


ロボットは強い力を検出可能な多軸構造となっている。

そのうえ、スリップを予測するセンサーにより接地時にかかる力が自動的に制御され、高速かつダイナミックな移動が実現される。

例えば、毎秒2.4メートルの速さで疾走しながら、高さ40センチメートルの障害物を乗り越えることも可能だ。

・低コスト


ロボットは元々既製品として出回っているソフトウェアやハードウェア製品を組み合わせて作られている。

しかも、「ラピッドマニュファクチャリング」と呼ばれる低コストな製造手法を採用しており、ロボットの製造に際し費用を大幅に抑えることに成功した。

現在、実験を重ねながら試行錯誤を繰り返している最中だ。最終完成版は間もなく公式の場に登場予定である。

MIT Biomimetic Robotics Lab
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報