海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 鍵盤にタッチセンサーを組み込んだ新世代のキーボード「mPIANO」で音楽に革命を

Tech

鍵盤にタッチセンサーを組み込んだ新世代のキーボード「mPIANO」で音楽に革命を

楽器も進化する。たとえば、昔のオルガンは弾くこと自体が大変だった。圧縮した空気を使って鳴らす楽器だから、演奏には送風機を必要とする。今ならば電気でモーターを回してコンプレッサーに空気を送り込めばいいが、かつては巨大なふい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽器も進化する。たとえば、昔のオルガンは弾くこと自体が大変だった。圧縮した空気を使って鳴らす楽器だから、演奏には送風機を必要とする。今ならば電気でモーターを回してコンプレッサーに空気を送り込めばいいが、かつては巨大なふいごを押し引きする「ふいご師」という人たちがいた。

テクノロジーとともに楽器は変容し、同時に音楽も新しいものになる。それは当然の流れである。

・微妙なタッチで音を変える


「音楽の国」オーストリアのメーカーが「mPIANO」というものを発表した。

見るからに未来的なデザインの、今までにないキーボードである。

mPIANOは、iPadとの連携を前提に設計されている。88の鍵盤はそのひとつひとつにセンサーが組み込まれていて、微妙な接触の違いによる音の変化を設定することができる。

白鍵は筐体の奥まで伸びているので、それを「押し込む」という操作もできる。どのような音を出すかは設定次第だ。

要するにmPIANOはMIDIコントローラーなのだが、その視点から見ても極めて斬新な設計であることに変わりはない。グロッケンやビブラフォンのように、鍵盤打楽器として利用することも可能だ。

タッチセンサーの進化が、楽器に「繊細な操作」を付与したのである。

・日本との意外なつながり


クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に用意されたmPIANOの投資枠が、また面白い。

製品自体は8000ユーロ(約100万円)からの出資で提供されるが、じつはそのあたりは重要ではない。mPIANOの開発に携わったミュージシャンのジョーダン・ルーデスと15分間Skypeで話せる権利というのが、250ユーロ(約3万2000円)で手に入るというのだ。また300ユーロ(約3万9000円)の投資枠では、9月に豊田市民文化会館で開催予定のドリームシアターの公演チケットが提供される。

意外な部分で日本とつながりがある製品なのだ。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報