海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 遠く離れている子どもと一緒に“絵本の読み聞かせ”ができるiPadアプリ「Kindoma」

Mobile

遠く離れている子どもと一緒に“絵本の読み聞かせ”ができるiPadアプリ「Kindoma」

子どもの頃、寝る前に枕元で親が“絵本の読み聞かせ”をしてくれるのを、楽しみにしていた人もいるだろう。絵本は子どもの好奇心を刺激し、感受性や知能を発達させる手助けとなるが、やはり子どもが自分ひとりで読むよりも、親と一緒に読...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Kindoma子どもの頃、寝る前に枕元で親が“絵本の読み聞かせ”をしてくれるのを、楽しみにしていた人もいるだろう。絵本は子どもの好奇心を刺激し、感受性や知能を発達させる手助けとなるが、やはり子どもが自分ひとりで読むよりも、親と一緒に読むことが大切な体験となる。ただ、家庭環境の問題などで、遠く離れた場所に居住している家族や祖父母たちにとって、“絵本の読み聞かせ”はしたくてもできないもの。ただ、もしiPadがあるならば、遠く離れていても、子どもと一緒に絵本を読む体験ができそうだ。

iPad向けに開発されたアプリ「Kindoma」には、今のところ全部で26の有名な子ども向けの物語が用意されている。ユーザーはまず、アカウントを登録する。次に、アプリに接続できるようにするため、家族を招待。アプリを通じてテレビ電話で子どもとつながると、大人側も子ども側も一緒に、ライブラリの中から本のラインナップを閲覧できる。そして、好きな本のタイトルを選択すると、大人側と子ども側、それぞれのiPadがシンクロして動作するようになる。

選択している本の今読んでいるページが、それぞれのスクリーン上で表示され、一方がページをスワイプしてめくれば、もう一方のページもめくられる。また、特定の言葉やイラストなどを指し示すと、ポップアップが出て、もう一方の側にも知らせてくれ、子どもが興味をもった部分や質問があったときなどに、お互いに話題にしてコミュニケーションをとったり、知らない単語を教えてあげるようなことも可能だ。

インターネットの最も優れた特質は、地理的な場所を超越できること。このようなアプリを上手に活用することで、場所を越えて、家族がつながる時間をもち、有意義な時間を過ごせることは、子どもだけでなく、大人にとっても心の栄養となりそうである。

Kindoma
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報