海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車が登場!

Start Up

ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車が登場!

スペインのevovelo社、ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車を開発 スペインのマラガを拠点とするスタートアップ企業「evovelo」が、ソーラーパネルを搭載した“自給自足”型の電気三輪車「mö」を開発した...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スペインのevovelo社、ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車を開発


スペインのマラガを拠点とするスタートアップ企業「evovelo」が、ソーラーパネルを搭載した“自給自足”型の電気三輪車「mö」を開発した。

自動車と自転車を融合させた新しいパーソナルモビリティとして、注目されている。

・屋根のソーラーパネルで発電したエネルギーを使って走行


幅140センチ、長さ200センチ、高さ130センチの「mö」は、屋根に装着されたソーラーパネルで太陽光から発電し、そのエネルギーを動力源として利用。

3時間から5時間のソーラー発電で1000Wh(ワットアワー)のバッテリーにフル充電でき、約50キロメートル走行できる。

また、自転車用の駐輪スペースに収まるコンパクトな車体でありながら、運転席と助手席に大人2名と後部座席に子ども2名が乗車できるスペースを確保。

通勤や子どもの送迎、買い物など、日常的な短距離の移動に適したモビリティとして設計されている。

・安定性や快適性を確保しながら、環境にやさしい次世代型モビリティ


「evovelo」では、2017年2月1日から、公式ウェブサイトにおいて「mö」の予約販売をスタート。

販売価格は、4500ユーロ程度(約58万5000円)となる見通しだ。

「mö」は、自転車と比べて、安定性や快適性に優れ、従来のガソリン車と異なり、二酸化炭素を排出せず、電気自動車のように外部電源からの充電を必要としないという、3つの特徴を兼ね備えているのが秀逸といえるだろう。

evovelo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報