海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing “拡張現実”技術を用いた“Eコマース向けプラットフォーム”が仏で開発中、オンラインの買い物をサポート

Marketing

“拡張現実”技術を用いた“Eコマース向けプラットフォーム”が仏で開発中、オンラインの買い物をサポート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Augment手軽で便利なECサイトなどオンラインの買い物だが、サイトの写真やコメントの情報だけでは、商品の実態を掴みきれず、買い物に失敗した経験はないだろうか。特に、イメージが大事なインテリアグッズや、大型の家具の場合、それを置く部屋の雰囲気やスペースに適合しているのか、見極めるのは難しいものだ。そのような問題を解消する糸口が、“Augmented Reality(AR)”、“拡張現実”のテクノロジーかもしれない。

ARとは、目で知覚される現実の視覚情報に、ディスプレイを通して、デジタル合成された情報を重ねて表示するもので、“本当はその場にないもの”を、仮想的に存在するように見せる技術。このARテクノロジーを取り入れたEコマース向けのサービスを、フランスにベースを置くAugmentが開発中だという。

タブレットやスマートフォンのディスプレイ越しに、“Augmentのロゴ”がプリントされた特殊なマテリアルを映し出すと、そのマテリアルがあった場所に、該当する商品アイテムの“バーチャル3D画像”が実際の空間の中で再現される。このバーチャル画像はあらゆるアングルから眺めることが可能で、リアルの生活空間の中でどう収まるのか、仮想的に体験することができる。Eコマースを利用する客は、自分が欲しい商品、たとえばソファを買いたいと思っている場合、家具を置こうと思っているリビング内で、バーチャル画像を配置して見てみることで、部屋の空間にマッチしているか、試してみることができるというわけ。家具以外にも、絵画やポスター、壁紙などのインテリアも、お試し感覚で気軽に試すことができそうだ。

ともすると情報が不足がちなオンライン上の買い物において、顧客たちにとって、実物をイメージする大きな助けとなり、ECサイト運営者たちにとっては、顧客のイメージ違いなどによる返品のリスクを減らし、販売を促進する効果が見込める。開発チームは、すでに22万ユーロの投資資金を集めており、今後ヨーロッパだけでなく、アメリカ市場にも乗り出す予定だという。

Augment
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報