海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 即配と買い物代行サービスの「Postmates」が米NYで事業展開、今後2カ月ごとに1都市追加

Mobile

即配と買い物代行サービスの「Postmates」が米NYで事業展開、今後2カ月ごとに1都市追加

周辺の店で売られているランチ、生鮮食品、事務用品など何でも1時間以内にお届けします―。即配と買い物代行の「Postmates」が米国ニューヨーク市でサービスを開始した。ユーザーはアプリで届けてほしい物を注文すると、専属ス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
postmate周辺の店で売られているランチ、生鮮食品、事務用品など何でも1時間以内にお届けします―。即配と買い物代行の「Postmates」が米国ニューヨーク市でサービスを開始した。ユーザーはアプリで届けてほしい物を注文すると、専属スタッフが代わりに買って家や会社まで配達してくれるというものだ。また、デリバリースタッフがいないレストランの配達なども請け負う。

Postmatesはこれまでサンフランシスコとシアトルで事業展開しており、需要が見込めるニューヨーク市にも広げた。現在はマンハッタンの一部に限定しているが、数週間以内にエリアを拡大する。これまでのところ先行2都市でのデリバリー取扱量は毎月20%増の伸びを示すなど好調で、今後は2カ月ごとに1都市ずつ拡大していく方針。次はボストンかワシントンD.C.が候補に上がっているようだ。

Postmatesのアプリでは、「nearby」タブに現在地周辺の店が表示されるほか、キーワードで店や商品検索もできる。配達可能なアイテムは約2万点。その中から目当てのものを選ぶと、商品代金や配達料などの見積もりが表示される。デリバリー代は最低5ドルからで、所要時間や距離などを元に算出される。注文を確定すると、誰が届けてくれるか案内が届き、デリバリー状況はアプリ内のマップでリアルタイムに把握することができる。

顧客の利便性を高めようと、Amazonはニューヨークで同日配達サービスを、eBayは1時間以内の配達サービス「eBay Now」を展開するなど、即配は主流サービスとなりつつあるようだ。

Postmates
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報