海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise トヨタ、障害者や高齢者をサポートするロボットプログラムを北米で始動

Enterprise

トヨタ、障害者や高齢者をサポートするロボットプログラムを北米で始動

先日、自動車王手メーカーのトヨタがリハビリロボットのレンタルサービスを開始したことを取り上げた。 トヨタでは、1970年から産業用ロボットの開発に着手した後、家庭用向けのロボット開発を進めてきた。 これまでにも、バイオリ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、自動車王手メーカーのトヨタがリハビリロボットのレンタルサービスを開始したことを取り上げた。

トヨタでは、1970年から産業用ロボットの開発に着手した後、家庭用向けのロボット開発を進めてきた。

これまでにも、バイオリンを演奏するヒューマノイドロボットや、トヨタの施設を案内するツアーガイドロボットなどを開発。

・北米で身体障害者をサポートするテストプログラム


さらに一歩進め、高齢者や身体障害者をサポートする“Human Support Robot(HSR)”のホームトライアルプログラムを、初めて北米で実施することとなった。

プログラムに協力してくれたのは、アメリカの退役軍人Romulo (Romy)Camargo氏。
Camargo氏はアフガニスタンで負傷し、首から下が麻痺状態になり、日常生活を送るのに周囲のサポートを必要としている。

・スナックを運んだり、ボトルを手渡したり


そこで登場するのがHSRロボット。Camargo氏のために食糧庫からスナックを持ってきたり、扉を開けたり、水のボトルを手渡したりといった、日常の細かい作業をおこなうことに成功した。

氏は、「サポートロボットはついに次の段階に進み、この研究は身体障害者の世界を変えてくれることだろう」とコメントしている。

・AI、ロボット研究に力を入れるトヨタ


トヨタではAIやロボット研究に力を入れており、2016年度には約10億ドル(1300億円)の研究投資をおこなったという。今後の成果に期待したい。

Toyota
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報