海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 子どもの安全にフォーカスした腕時計「VIVOplay」 居場所の確認や通話も可能

Tech

子どもの安全にフォーカスした腕時計「VIVOplay」 居場所の確認や通話も可能

親なら誰しも子どもが事件や事故に巻き込まれないか心配だろう。最近では子どもに携帯電話を持たせるケースも少なくないが、「VIVOplay」は子どもの安全にフォーカスした腕時計タイプのガジェットだ。VIVOplayを持たせて...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evado Filip親なら誰しも子どもが事件や事故に巻き込まれないか心配だろう。最近では子どもに携帯電話を持たせるケースも少なくないが、「VIVOplay」は子どもの安全にフォーカスした腕時計タイプのガジェットだ。VIVOplayを持たせておくと、親はスマートフォンなどで子どもの居場所を確認でき、ショートメッセージを送ったりできる。VIVOplayからも登録した番号に電話をかけることができ、万が一の緊急時にはVIVOplay周辺の音を録音する機能もある。

VIVOplayはGPS機能を搭載しており、親はアプリをダウンロードしたスマホやPCで居場所を確認できるほか、子どもが行動してもよい範囲を設定できる。もし範囲を超えた場合、親の端末にポップアップで警告が届く。また、通話機能ではVIVOplayから電話をかけられる番号を5つまで設定でき、子どもは必要に応じて登録された番号に連絡をとれる。

「夕食の時間」「着いたら電話して」などちょっとした連絡をとりたい時、VIVOplayにショートメッセージを送れるのも便利だ。また、緊急事態ボタンを3秒押すと、登録された5つの番号に一斉に子どもの居場所情報が流れるほか、VIVOplay周辺の録音を始めるという機能も用意されている。

開発したEvado Filip社によると、携帯電話を持たせるには早いかもしれない5-12歳の子どもとその親の利用を想定している。時刻や日付が表示されるので腕時計として身につけたり、小型なのでバッグなどに付けて持ち歩いたりできる。また、赤ちゃんの横に置いて泣き声などをひろう「ベイビーモニター」としても利用可能だ。

今夏の発売に向け最終段階に入っているが、価格は未定。

Evado Filip
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報