海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile モバイル決済サービスの「Square」が日本でサービス開始、北米以外で初の海外進出

Mobile

モバイル決済サービスの「Square」が日本でサービス開始、北米以外で初の海外進出

スマートフォンなどをカード決済端末として使えるようになるモバイル決済の「Square」が日本でサービスを開始した。米国で始まったこのサービス、年間の取扱額が110億ドルを超えるなど急速に浸透しつつある。海外進出に慎重な同...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Squareスマートフォンなどをカード決済端末として使えるようになるモバイル決済の「Square」が日本でサービスを開始した。米国で始まったこのサービス、年間の取扱額が110億ドルを超えるなど急速に浸透しつつある。海外進出に慎重な同社はこれまで米国とカナダでのみサービスを展開しており、北米以外での事業展開は日本が初めてとなる。

なぜ日本が選ばれたのか。同サービスは当初iOSでサービスを始め、その後Androidにも広げるなどiOS重視の姿勢が見られ、iPhoneが日本で人気であることに着目した。さらにSquareのデザイン性が日本人のセンスに受け入れられると見込んだようだ。同社CEOでTwitter共同創設者としても知られるJack Dorsey氏は「デザイン、研究開発、伝統の長い歴史を持つ国である日本にSquareを紹介できることを誇りに思う。そうした日本の方々とSquareは価値観を共有することができる」と語る。

モバイル決済に馴染みがない人のために説明すると、Squareはアカウントを作成すると、スマートフォンやiPadなどの端末でクレジットカードでの支払いを受け入れられるようになるというものだ。Squareリーダーと呼ばれる小さな装置を使用する場合の決済手数料は3.25%、カード番号を手入力で利用する場合は3.75%となっており、その他の利用料は発生しないので個人事業主にもカード支払いの受け入れを容易にしてくれる。

日本でのモバイル決済は、NTT DocomoやKDDI、そしてSquareの最大のライバルPay Pal(Softbankと提携)がすでにしのぎを削っている。Squareは今回の日本での事業展開にあたり三井住友と事業提携しており、市場にどう食い込むか注目したいところだ。

Square
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報