海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 自分の死後の備えに… 重要な書類などを“電子データ”で保管・管理するクラウドサービス「BestBequest.com」

Social Media

自分の死後の備えに… 重要な書類などを“電子データ”で保管・管理するクラウドサービス「BestBequest.com」

自分の死後、重要な書類や情報の管理などがどうなってしまうのか、ふと不安になったことはないだろうか。そういった重要な情報は、ともするとその後に家族や親族、近しい友人が必要になる場合もあるが、死後それらが散逸してしまったとし...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BestBequest自分の死後、重要な書類や情報の管理などがどうなってしまうのか、ふと不安になったことはないだろうか。そういった重要な情報は、ともするとその後に家族や親族、近しい友人が必要になる場合もあるが、死後それらが散逸してしまったとしたら、多くの人がとても困ったことになってしまう。

そんなことにならないためにも……。「BestBequest.com」のようなサービスを利用してはいかがだろう。これはクラウドを基盤とした、世界で初の“デジタル貴重品保管室”である。人は人生において年月の歩みを経て、ビジネス案件の書類や契約書、保険や預金に関する重要書類のほか、家族やイベントなどの思い出の写真や動画、家系や家族の歴史、最期の望み、残された家族へ向けたガイダンス動画などといった、さまざまな情報やデータを伴って生きてくるもの。それらのデータを“デジタル遺産”として、ユーザーは、非常にプライベートにかつ便利に、自分の人生にまつわる重要なデータをまとめて「BestBequest.com」で保管、管理することができる。また、ユーザーはそれらのデータを、希望する相手に、希望する日時でオープンにして、保管データを送ることも可能になっている。しかるべき相手に、しかるべきタイミングで、重要な情報を“遺す”ことができるわけだ。

「BestBequest.com」では、データは暗号化して保管され、第3者の他アプリケーションがサイトにアクセスすることはできない。また、自宅に重要なデータを保管しておくことは、火事や盗難、天災などの災害に遭って消失したり、引越しや移転に伴って散逸してしまう危険もあるが、このサービスを利用しておけばそういった心配もない。「BestBequest.com」では、定額課金制を導入しており、年会費無料から349.99ドルのものまで、4種類のプランを用意している。

いざ人生の最後を迎えるときに、いろいろな身辺整理を慌ててしなくてはならない……という羽目にならないために、「BestBequest.com」で今から準備しておくのもよいかもしれない。

BestBequest.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報