海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 「Doodle3D」、iPadに“手書きで描いた落書き”を“3Dプリンタ”で実物に造形

Start Up

「Doodle3D」、iPadに“手書きで描いた落書き”を“3Dプリンタ”で実物に造形

これまで“印刷”というと、紙などの上に2次元で平面的にプリントされるものだったが、“3Dプリンタ”は、3次元の立体オブジェクトとして形成される話題のテクノロジー。一般の人にとっては、なかなか手が届かない存在であったが、今...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Doodle3Dこれまで“印刷”というと、紙などの上に2次元で平面的にプリントされるものだったが、“3Dプリンタ”は、3次元の立体オブジェクトとして形成される話題のテクノロジー。一般の人にとっては、なかなか手が届かない存在であったが、今は少しずつ身近な技術として浸透し始めてきている。

「Doodle3D」は、そんな3Dプリンタの技術を活用し、自分が“手書きで描いたスケッチ”を立体で再現するツールだ。もちろん、難しい3Dデザインの知識は一切不要で、ペンをもって絵を描ける人なら誰でも利用することができる。「Doodle3D」はiPadやPCと同期させることができ、「Doodle3D」のWiFi box本体を3Dプリンタに直接接続させて使う。ユーザーはiPad上で、アルファベットなどの文字や棒状の物体など、シンプルな形状のオブジェクトといった“落書き”を描くと、その図案は「Doodle3D」のWiFi boxを経由してプリンタにデータが送信され、一層一層プラスチックで成形されていく。待つことたった数分で、自分が描いた世界に1つだけのオリジナルデザインが現実のものとなる。

「Doodle3D」はオランダにベースを置くチームが開発しており、Kickstarterで70000ドル以上の開発資金を集めている。将来的には、手書き画像を読み取るだけでなく、スキャンした対象をプリントできるようになる機能など、新たな機能拡張を視野に入れているという。今後も、このように私たちの胸を高鳴らせてくれる、夢のようなツールが次々と現実化してくるかもしれない。

Doodle3D
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報