海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 米で人気の“to-doリスト”アプリ「Any.Do」、新たに350万ドルの資金調達

Mobile

米で人気の“to-doリスト”アプリ「Any.Do」、新たに350万ドルの資金調達

「あれもこれもやらなければいけないのに、時間がない」というのが口癖になってはいないだろうか。毎日、仕事や家事、育児に追われて、やりたいこと、やらなければいけないことが遅々として進まない、計画が動かないという人は、“すべき...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Any.Do「あれもこれもやらなければいけないのに、時間がない」というのが口癖になってはいないだろうか。毎日、仕事や家事、育児に追われて、やりたいこと、やらなければいけないことが遅々として進まない、計画が動かないという人は、“すべきこと”をまとめて管理する、“to-doリスト”アプリがよいかもしれない。

その中の1つで、サンフランシスコにベースを置く「Any.Do」は、アメリカで人気があるタスク管理アプリで、新規ファンドとして350万ドルの資金を調達したことを発表した。「Any.Do」は、毎日の活動の中で生じてくる、“しなくてはならないこと”“すべきこと”などをタスクとして整理し、スケジュール管理をしたり、カレンダーと同期して見やすく表示するほか、時間や場所をキーワードとした“リマインダー機能”を搭載しているなど、日々の業務を実行するためのサポートをしてくれる。

「Any.Do」のシンプルな操作性、美しいデザインも人気を博している要素だが、「Any.Do」では、スマートフォンでの文字入力の面倒さに配慮し、ユーザーのやりたいことを予想し、キー入力のサポートをしてくれたり、“microphoneアイコン”をタップすると、話した音声を変換して文字入力できる機能などが、特筆すべき点だろう。また、クラウドを活用することで、iOS、Android、Chromeアプリなど、他プラットフォームやデバイスにまたがって、データを同期させることができるのも便利なところだ。

タスク管理アプリとしては、Wunderlist、Clear、Remember the Milkなどの競合があるが、Onavo Insightsの2013年3月の統計データによると、iOSアプリでは「Any.Do」が一番人気だったという。このようなアプリを上手に使って、「やらなければいけないこと」「やりたいこと」を実現して、毎日を充実させていきたいものである。

Any.Do
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報