海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 話し手の生の声をもとに、その人の感情や性格を検知する“声認証”技術「Emotions Analytics」、280万ドルの資金調達

Start Up

話し手の生の声をもとに、その人の感情や性格を検知する“声認証”技術「Emotions Analytics」、280万ドルの資金調達

プライバシー情報にログインするときや、アプリツールなどを利用するときに、パスワード入力、顔認証、指紋認証など、さまざまな“認証方式”が採用されているが、“声認証”もその1つ。イスラエルにベースを置くBeyond Verb...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Emotions Analyticsプライバシー情報にログインするときや、アプリツールなどを利用するときに、パスワード入力、顔認証、指紋認証など、さまざまな“認証方式”が採用されているが、“声認証”もその1つ。イスラエルにベースを置くBeyond Verbal Communicationsでは、声認証の技術開発に取り組んでおり、このたび280万ドルの資金を調達したと発表した。

同社が開発を手がけている「Emotions Analytics」は、リアルタイムに発話されている生の声を測定し、発話者の感情や性格の特徴、意思決定の傾向などを検知するという画期的なシステム。10~15秒ほどの声の情報を単位として、話している人のイントネーションから、その人の感情や性格を判断する。物理学者や神経心理学者らによって、18年に渡り、世界中の26の言語、60000件を超える調査結果を基盤として構築されたこのテクノロジー。将来的には、さまざまなアプリケーションに活用して、声でアプリケーションの機能を作動させたり、動作の調整がおこなえるようにするような展開が期待されている。

面白いのは、「Emotions Analytics」の調査によると、「話している内容」ではなく、「話している調子」で、人の感情は決定づけられるという。同じ「よい1日を!」という文言でも、話されている調子次第で、聞いている人の印象は大きく違うものだ。今後、話し手の“感情を判断”して動作するアプリのようなツールも登場してくるかもしれない。

Emotions Analytics
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報