海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 引っ越しや建築現場で大活躍!最大80メートルまで計測できるレーザー距離計「VH-80」

Start Up

引っ越しや建築現場で大活躍!最大80メートルまで計測できるレーザー距離計「VH-80」

引っ越しのシーズン。メジャー片手に、天井の高さやリビングの幅を測ったりしている人もいるだろう。 今回紹介するのは、巻尺の代わりに活躍するレーザー距離計「VH-80」。レーザー光が両サイドから出るタイプで、最大80メートル...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

fullsizeoutput_2749引っ越しのシーズン。メジャー片手に、天井の高さやリビングの幅を測ったりしている人もいるだろう。


今回紹介するのは、巻尺の代わりに活躍するレーザー距離計「VH-80」。レーザー光が両サイドから出るタイプで、最大80メートルまで計測が可能。しかも面積や容積の算出もでき、家庭から建築現場まで幅広く使えそうだ。



・誤差は±3ミリ


VH-80はレーザー光を出し、跳ね返ってくる光を使って距離を算出する。長方形のボディの両サイドからレーザー光が出てその2つのデータを合算したのが距離となる。


fullsizeoutput_274bデータはBluetoothで連携するスマホアプリにただちに送られ、誤差は±3ミリメートル。


また、計測データはVH-80のディスプレイにリアルタイム表示もできるので、壁と壁の中間がどこになるのかを確かめるのに使うこともできる。



・ピタゴラス定理モードも


他のレーザー距離計にない機能としては、面積や容積の算出が挙げられる。例えば、アプリで面積モードを選択して縦と横の長さを測ると、面積を自動で計算してくれる。


fullsizeoutput_2750同様に、ピタゴラスの定理を用いて三角形の2辺を測ると、残りの1辺の長さを知ることもできる。こちらはどちらかというと建築・建設現場などプロフェッショナル向けの機能といえそうだ。


VH-80の大きさは7.2×4×1.8センチ、重さ150グラムとコンパクト。単4電池2本で作動する。VH-80は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、今なら119ドル(約13000円)~となっている。


すでに目標額は達成しているので商品化はほぼ確実な情勢。出資は512日まで受け付け、9月にも発送が始まる見込みだ。


VH-80/Kickstarter


https://ksr-video.imgix.net/projects/2807932/video-749415-h264_high.mp4
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報