海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech インスタントなのにワイド撮影が楽しめる!ロモグラフィーの新カメラ、来月発売へ

Tech

インスタントなのにワイド撮影が楽しめる!ロモグラフィーの新カメラ、来月発売へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

fullsizeoutput_271b根強いファンをもつインスタントカメラ。何と言っても撮ってすぐにプリントできるのが魅力だ。そのインスタント撮影をグレードアップするカメラがロモグラフィーから間もなくリリースされる。


Lomo'Instant Automat Glass Magellan」。ガラスのワイドレンズを採用し、最大絞り値は4.5とインスタントカメラとしては最も大きいという。



・ 最短撮影距離0.3メートル


レンズの焦点距離は38ミリ(21ミリに相当)。複数層のガラスレンズにすることで反射を軽減し、よりシャープな写真に仕上がるとのこと。


fullsizeoutput_271dまた、最大絞り値は4.5と、明かりが少ない環境での撮影も可能にする。最短撮影距離は0.3メートル。


シャッタースピードや絞りを調整でき、カメラ初心者ならオートモードにするといいだろう。



・多重露光の撮影も


もちろんAutomat Glass Magellanは、ロモグラフィー社の他のカメラに搭載されている便利機能も網羅している。


fullsizeoutput_2718シャッターリモコンになるレンズキャップや、多重露光をするスプリッツァーがついてくるので、集合写真も難なく撮れ、スプリッツァーでユニークな写真の撮影も楽しめる。


加えて、付属のカラーフィルターも使うとより幻想的な作品に仕上がりそうだ。


フィルムは富士フィルムのインスタントミニフィルムを使用し、カメラ用リチウム電池CR22本)で作動する。


価格は169英ポンド(約23000円)。現在、サイトでプレオーダーを受け付けていて来月中旬にも発送が始まる見込みだ。


Lomo'Instant Automat Glass Magellan/ロモグラフィー

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報