海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 駐輪スタンド不要のバイクシェアリングサービス「Spin」が米テキサスで始動

Start Up

駐輪スタンド不要のバイクシェアリングサービス「Spin」が米テキサスで始動

パリ市内1,800カ所に2万3,600台を配置する「Vélib’」や米ポートランドの中心部100カ所に展開する「BIKETOWN」など、近年のバイクシェアリングサービスは、セルフスタンド式が一般的になっている...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
170318spin1パリ市内1,800カ所に2万3,600台を配置する「Vélib'」や米ポートランドの中心部100カ所に展開する「BIKETOWN」など、近年のバイクシェアリングサービスは、セルフスタンド式が一般的になっている。

ユーザーは、セルフスタンドに設置されている支払機を操作し、駐輪スペースに固定された自転車を解錠して利用するシステムだ。

しかし、このシステムは、セルフスタンドの設置など、インフラの整備に膨大な資金を要するうえ、自転車の借り出しスポットが限られてしまうため、ユーザーにとって、必ずしも利便性が高いものとは限らない。

・駐輪スタンド不要のバイクシェアリングサービス


170318spin2米カリフォルニアのスタートアップ企業「Spin」は、2017年3月、米テキサス州オースティン市と提携し、駐輪スタンド不要のバイクシェアリングサービスを開始した。

「Spin」の自転車はGPSによって常時追跡でき、対象エリア内であれば、どこでも安全に駐輪できるよう、ロックが装着されている。

ユーザーは、スマホアプリから、現在地周辺にある利用可能な自転車を検索でき、スマートフォンからロックを解除する仕組み。

「Spin」では、2017年内に、全米で10万台以上の自転車を展開したい方針だという。

・バイクシェアリングサービスが多様に広がる



駐輪スタンド不要のバイクシェアリングサービスとしては、「Spin」のほか、中国の「Mobike」や日本の「COGICOGI」などもリリースされている。

各地域にとっては、従来のセルフスタンド式に加え、「Spin」のようなサービスが多様に増えることで、地域の規模や特性に合わせたパーソナルモビリティを整備しやすくなるかもしれない。

Spin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報