海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 車を貸したい人と借りたい人をつなぐオンラインのレンタカープラットフォーム「RelayRides」、Facebookと連携する新機能を追加

Marketing

車を貸したい人と借りたい人をつなぐオンラインのレンタカープラットフォーム「RelayRides」、Facebookと連携する新機能を追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
RelayRides自動車は現代人の生活に欠かせない便利な乗り物だ。出先で車が必要になったとき、あるいは重たい荷物を運んだりするとき、「一定期間だけ車を使いたい」というシーンに出くわすことがある。そんなときお世話になるのがレンタカーのサービス。「RelayRides」ではレンタカーサービスを提供しているが、このところ“Renting Social”というコンセプトを掲げ、レンタルサービスのソーシャル化を推し進めているようだ。

「RelayRides」では単に自社が保有している車を貸し出すだけでなく、車を貸したい人と借りたい人をつなぐオンラインプラットフォームとしてのサービスを開始。車を貸し出したい人は、「RelayRides」を通じて、自分の所在地付近のエリアにおいて、他ユーザーに1時間単位で車を貸し出すことができる。さらに「RelayRides」では、このほどFacebookを通じて知人と車の貸し借りができる機能を新しく追加したという。「RelayRides」の会員は、Facebookのステータスに“レンタカー募集”などの投稿を表示させることができ、“顔も知らない誰か”ではなく、素性の知れた知人と、少ないコストで気軽に車の貸し借りがおこなえる。

車を貸し出す人は、レンタル価格や期間などの条件を自由に設定することが可能で、「RelayRides」を通じてレンタルが成約すると、料金の75%が貸し出した人の報酬となる。このサービスでは、100万ドル分を補償する保険が含まれているため、万が一の事故や窃盗などのケースにも対応している。

現在、アメリカ国内の1450の都市で利用されている「RelayRides」だが、2015年までに、徒歩10分以内の距離で借りられるサービスの充実や、1億人の利用者拡充など、さらなる展開を目指しているという。

RelayRides
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報