海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 4400%達成!iPhoneでもGo Proでもヌルヌル動画が撮れるコンパクトな電気式スタビライザー!

Tech

4400%達成!iPhoneでもGo Proでもヌルヌル動画が撮れるコンパクトな電気式スタビライザー!

iPhoneをはじめとするスマホの登場により、誰でも簡単に動画を撮って作品を作れるようになりました。 気軽にInstagramやFacebookに動画を投稿できるのはもちろん、iPhoneだけで本格的な動画も作成できます...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
FlowMotion Stabilizer - 1


iPhoneをはじめとするスマホの登場により、誰でも簡単に動画を撮って作品を作れるようになりました。

気軽にInstagramやFacebookに動画を投稿できるのはもちろん、iPhoneだけで本格的な動画も作成できます。

そこで撮っていくうちに気になるのが「手ブレ」問題。録画するカメラの性能が上がっているので、だいぶ良くなりましたが、プロ機にはまだまだ敵いません。

そこで、オススメしたいのがiPhone用スタビライザー「FlowMotion Stabilizer」です。iPhoneもGo Proでも使えて、かつコンパクトに持ち運べる電気式スタビライザーなんですよ!



・ポケットに入るほどコンパクトに



FlowMotion Stabilizer - 2

FlowMotion Stabilizerの最大の特徴はそのコンパクトさ。グリップと本体を分離でき、かつ重さも300gと電気式としては軽いので持ち運びが楽ちん。

便利でもかさばる機材は持ち運びがおっくうになってしまい、気がついたら家に置きっぱなしということもありますよね。

コンパクトで軽いのでそんな心配もありません。

・Go Proをつけてヘルメットにつけられる



FlowMotion Stabilizer - 4

iPhone専用・Go Pro専用とうたうスタビライザーもありますが、こちらは両方に対応しています。

ハンドグリップだけではなく、ウェアラブルガジェットのようにヘルメットに付けられるので、自転車やスケボーに乗りながら迫力のある動画が撮れます。

また、別売りの長いグリップも付けられます。

1台で「手持ち」「ウェアラブル」「拡張性」の3役をこなすんです。

・専用アプリでターゲットを離さない



FlowMotion Stabilizer - 3

さらに、専用アプリ「FlowMotion™」に内蔵されている高度なオートフォローテクノロジーにより、被写体を画面上でマークするだけで動いてもフレームに保持する機能もあります。

この機能はありがたい。フレームアウトはつらいですよね。

ほかにも、「モーションタイムラプス機能」や「パノラマ」、「プロフェッショナル撮影モード」などアプリには機能が盛りだくさんですよ。

・2万5000円を切る価格で手に入る



FlowMotion Stabilizer - 5

FlowMotion Stabilizerは、クラウドファンディングのINDIEGOGOで出資を募っていて、4,400%を超える出資金が集まり、商品化が決まっています。

価格はひとつ219$(約2万4,700円)、ふたつ買うとひとつあたり2万2,500円と、グッとリーズナブルになります。機能を考えると、かなりお買い得なのも人気の理由ですね。

発想は5月ごろ。初夏にかけて動画撮影が一段と楽しくなりそうです。

詳しくはコチラ→FlowMotion Stabilizer - The End of Shaky Videos | Indiegogo

https://www.youtube.com/watch?v=WdD8UBK7wfo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報