海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 1970年代の機密外交文書“Kissinger Cables”が「WikiLeaks」で公開

Social Media

1970年代の機密外交文書“Kissinger Cables”が「WikiLeaks」で公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Kissinger Cables世界のさまざまな機密文書を集めて公開している「WikiLeaks」では、このほど新たに"Kissinger Cables"のデータを追加したと発表した。これらは、1973~1976年の期間に作成された、170万件に及ぶ米外交の機密文書だ。アメリカの法律では、公開から25年が経過した後は、情報の自由公開が認められるため、これを受けてこのたび「WikiLeaks」のデータベースに、"Kissinger Cables"案件が追加されたという。

アメリカの前国務長官Henry A. Kissinger氏は、ニクソン政権、フォード政権下でさまざまな外交活動をおこない、ベトナム戦争終結に大きく貢献して、ノーベル平和賞を受賞した人物。"Kissinger Cables"は、130万件の外交電報と、32万件の分類別の文書から成り、そのうち20万件程度が、前国務長官Henry A. Kissinger氏に関わるものだ。文書は、それぞれ重要度別に“CONFIDENTIAL”“SECRET”“Eyes Only”などに分類されている。

「WikiLeaks」といえば、2010年に25万点を越えるアメリカの機密文書が公開された“Cablegate”事件で話題になったが、今回リリースされた"Kissinger Cables"は、約7億のワードを含む5倍のボリュームとなっている。いかに、この時代の外交がアクティブなものだったかがわかる。私たちユーザーは、アメリカ外交において大きな功績を残したKissinger氏の外交文書から、アメリカの外交の足跡、ひいては当時の世界の動向を垣間見ることができそうだ。

WikiLeaks "Kissinger Cables"
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報