海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 衣服のように着用できる“有機ELウェアラブルディスプレイ”が、ついに現実化へ!

Tech

衣服のように着用できる“有機ELウェアラブルディスプレイ”が、ついに現実化へ!

韓国のKAIST大学と、国際的なマテリアルメーカーKolon Glotech社の共同研究で、非常にフレキシブルなOLED(有機エレクトロルミネッセンス、有機EL)ディスプレイを製作中だという。 ・生地のようなフレキシブル...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
KAISTOLED韓国のKAIST大学と、国際的なマテリアルメーカーKolon Glotech社の共同研究で、非常にフレキシブルなOLED(有機エレクトロルミネッセンス、有機EL)ディスプレイを製作中だという。

・生地のようなフレキシブル性をもつ有機EL


OLEDディスプレイの研究はこれまでにもLG社などで取り組まれてきたものの、どうしても耐久性に問題があった。生地のような形状にすると簡単に裂けてしまうし、熱を帯びるとサイズが膨張する傾向があり、安定性を保つという面でも難しかったのだ。

今回開発が進められている特殊なOLEDは、新たな技術を駆使することで、耐久面の問題をクリア。ガラスに似た素材に貼り付け、生地のようなフレキシブル性を実現した。

・着られるウェアラブルの開発


KAISTOLED2チームリーダーのChoi Kyung-Cheol氏によれば、プラスチックよりもフレキシブルで、デバイスに親和性もあるこのマテリアルを使えば、より着心地よく使いやすい“ウェアラブルディスプレイ”の実現も夢ではなさそうだ。

参考までに、普通のOLED TVパネルは、6~7万時間の使用寿命であるのに対し、KAISTのOLEDは待機状態で3500、使用状態で1000時間の使用寿命とのこと。

どのような製品や技術に活用されていくのか、今後が楽しみである。

KAIST OLED
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報