海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up バイオリンの音色や繊細なニュアンスを表現する最先端ツール、「O-Bow」試作開発中

Start Up

バイオリンの音色や繊細なニュアンスを表現する最先端ツール、「O-Bow」試作開発中

クラシック音楽の主役といえば、やはりバイオリンだろう。情感の込められた美しい音色は、聴く者の心を揺さぶる。とはいえ、それは熟練の演奏家が演奏した場合であり、バイオリンで安定した音色を出すのは、かなり難しいことでもある。「...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
O-Bowクラシック音楽の主役といえば、やはりバイオリンだろう。情感の込められた美しい音色は、聴く者の心を揺さぶる。とはいえ、それは熟練の演奏家が演奏した場合であり、バイオリンで安定した音色を出すのは、かなり難しいことでもある。「誰でも簡単にあの音色を出すことができたら……」という願いをかなえてくれそうなツールが「O-Bow」だ。

「O-Bow」は、銅でコーティングされた円筒形の形状をした装置で、上部の面には溝が刻まれている。この溝は、バイオリンの弓に合わせた形になっており、木製の弓を溝にあてがって動かすことで、まるで本当にバイオリンを弾いているかのような音を出すことができる。「O-Bow」の溝部分には、光学センサーが設置されており、バイオリンの弓の角度やスピード、動きなどを認識し、単なる音の連続や単純なスタッカートではなく、微妙な音のニュアンスを表現できるのが大きな特徴だ。

「O-Bow」は、USB接続でいろいろな音楽ソフトフェアやデバイスと接続することができ、MIDIデータのやり取りが可能。「O-Bow」をキーボードと接続して、キーボードの鍵盤で音や音調を指定し、バイオリンの弓を用いて、弦楽器演奏の繊細なニュアンスを表現するという仕組みになっている。

このユニークなツールは、現在、試作の5バージョン目が完成。今後、さらなる改良が施され、私たちの手元に届くようになる日が楽しみである。

O-Bow
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報