海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 世界中の宇宙望遠鏡から集めたデータや画像を統合した宇宙地図「WorldWide Telescope」、マイクロソフトが開発

Enterprise

世界中の宇宙望遠鏡から集めたデータや画像を統合した宇宙地図「WorldWide Telescope」、マイクロソフトが開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
WorldWide Telescope宇宙は広い。人類は宇宙に関する新たな発見があるたび、驚きとともに、広大な宇宙の可能性に深く興味を惹きつけられてきた。「Microsoft Research」チームは、このほど「WorldWide Telescope」というプラットフォームの提供を開始。これは、NASAのハッブル宇宙望遠鏡を含む、世界中の望遠鏡から集められた観測データや画像をもとに構成された、壮大な宇宙全図のマップである。

私たちが生きている天の川銀河には3000億以上の星があり、同じ数の銀河がこの宇宙に存在しているといわれている。科学者や開発者たちは、世界各地の望遠鏡から集められた3D画像データを統合し、この「WorldWide Telescope」を完成させた。膨大なデータから構成されている宇宙図は、たった1つのフレーム内に収められ、わずかなクリック操作をおこなうだけで、あらゆる惑星や星雲などのデータにアクセスできてしまう。

宇宙飛行士や物理学者が利用する専門的なツールとしてだけではなく、小学生から卒業生まで、幅広い年代の子どもたちが学習するための情報ソースとして活用されることも期待されているという。特に注目すべき星や星雲、ブラックホールなどのトピックスについて、宇宙飛行士や学者が提供するガイドツアーも用意されており、楽しみながら宇宙に関する知識を学習することができるようになっている。「Microsoft Research」チームでは、プラットフォームのAPIを公開しているので、「WorldWide Telescope」を自由にカスタム拡張して、新たなガイドツアーやレッスンを構築することも可能だ。

この「WorldWide Telescope」は、WindowsとMac OS Xなどで利用できる。

WorldWide Telescope
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報