海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 【アマチュアからプロの写真家まで】写真編集ソフトLightroom愛用者必見のコンソール、直感的操作で圧倒的に作業効率アップ

Start Up

【アマチュアからプロの写真家まで】写真編集ソフトLightroom愛用者必見のコンソール、直感的操作で圧倒的に作業効率アップ

写真は撮影する瞬間も大事だが、その後の加工処理も非常に大切な工程である。 ・Adobe Lightroomを、より直感的に操作できる 写真向け画像編集ソフトとして有名なAdobe Lightroomだが、もっと扱いやすく...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Loupedeck写真は撮影する瞬間も大事だが、その後の加工処理も非常に大切な工程である。

・Adobe Lightroomを、より直感的に操作できる


写真向け画像編集ソフトとして有名なAdobe Lightroomだが、もっと扱いやすくスピーディな編集を可能にする、専用のコンソールツール「Loupedeck」が便利そうだ。

マウスとキーボードを交互に使うよりも、より直感的に操作ができ、Apple、PC問わず対応できるという。

・まるでDJミキサーのようなコンソール本体


コンソール本体は、幅400×156ミリメートル、重さ約1000グラム。一見すると、キーボードとかDJが使うミキサーのような形状をしている。

Loupedeck2表面はマットブラック加工のプラスチック、台の脚はソフトラバー製。USBケーブル、大ダイヤル、小ダイヤル、小さめのスクロールキー&ダイヤルがついている。

このたくさんのボタンやダイヤルがすべて、画像編集の特定の機能に対応していて、さまざまに調整ができる。

例えば、“やり直し/元に戻す”“コピー”“ペースト”“画像にフラグ”“ズームイン/アウト”“コントラスト”“ハイライト”“透明度”“露出”“ホワイトバランス”“色調”“彩度”“輝度”“ぼかし”“画像の回転/切り取りの作動”“カラー/白黒モードの切り替え”“ビフォアアフターの比較”などなど、特定の機能を選び、とても細かい設定を施せるのが大きな特徴だ。

・アマチュアからプロまで使える本格仕様


Loupedeck3キーボードでいちいちその機能を呼び出して、マウスでクリックして調整、という工程よりも、はるかに直感的な操作&微調整が可能で、作業自体の圧倒的なスピードアップ化が図れる。

また、プロの写真家からアマチュア、初心者まで、幅広い人が使える点もうれしい。

・目標金額の3倍達成


現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集しており、目標金額7万5000ユーロに対し、22万ユーロ以上を集めている。229ユーロ(約2万6500円)+配送料金で、出荷は2017年6月の予定。

Loupedeck
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報