海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 楽曲のギターコードを識別して再現する「Riffstation」アプリ、ギターの演奏練習をサポート

Start Up

楽曲のギターコードを識別して再現する「Riffstation」アプリ、ギターの演奏練習をサポート

趣味で楽器を演奏する人にとって、新しい曲に挑戦することは楽しみでもあり、手探りの実践でもある。しかし、好きな曲を演奏できるようになりたいと思えばこそ、努力もできるというもの。ギターを弾く人には、「Riffstation」...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Riffstation趣味で楽器を演奏する人にとって、新しい曲に挑戦することは楽しみでもあり、手探りの実践でもある。しかし、好きな曲を演奏できるようになりたいと思えばこそ、努力もできるというもの。ギターを弾く人には、「Riffstation」というアプリが手助けとなってくれそうである。

「Riffstation」は、オーディオデータを取り扱うツールで、「Riffstation」にmp3などのオーディオファイルを読み込ませると、データをスキャンし、楽曲のコードを識別して提示してくれる。今のところ、メジャー、マイナー、セブンスコードのみに対応しているが、漠然と耳で聞き流すだけではわからなかった、コードの変化などを見つけることもできる。

また、「Riffstation」の“Jam Master tab”を通じて、ギターの演奏パートのみを抽出することができるため、キターパートに特化して練習をするのにはとても便利。そのパート部分だけ流したり、逆に音を消したりするような調整も可能だ。さらに、演奏で難しい部分は何度も反復して練習したいものだが、あるフレーズ部分だけループさせたり、テンポを半分のスピードにしたり、または2倍のスピードにするなどといった調整もできるため、苦手な部分の反復練習もしやすい。キーの変更も自由自在なので、気に入っている楽曲を自分なりにアレンジして演奏を楽しむようなこともできそうだ。

開発者によると、「Riffstation」の再現率は80%の精度だというが、複雑なコードなどには対応できないため、あくまで実際自分の耳で聴いた音を補完するツールとして利用するのがベターかもしれない。ただ、演奏が速すぎて聞き取れないときや、楽譜が手元にない楽曲を演奏するときなどには、とても心強い味方になってくれそうである。「Riffstation」のトライアルバージョンは、Windows、Macともに無料でダウンロードすることが可能。

Riffstation
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報