海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech NY地下鉄主要駅で47インチのタッチスクリーン導入予定 路線案内のほかリアルタイムで乗客に情報提供

Tech

NY地下鉄主要駅で47インチのタッチスクリーン導入予定 路線案内のほかリアルタイムで乗客に情報提供

世界の大都市ニューヨークでは、毎日たくさんの人々が地下鉄を利用している。地下鉄を運営する「New York City MTA」では今、新たな試みに取り組んでいるようだ。それは、Control Group社との連携によって...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
New York City MTA世界の大都市ニューヨークでは、毎日たくさんの人々が地下鉄を利用している。地下鉄を運営する「New York City MTA」では今、新たな試みに取り組んでいるようだ。それは、Control Group社との連携によって、ニューヨークの地下鉄駅に47インチのインタラクティブタッチスクリーンを導入する計画である。この大画面のハイビジョンタッチスクリーンは、地元の利用客や旅行者が、より地下鉄を利用しやすくなることを目的に、リアルタイムでさまざまな情報が提供されるというものだ。

駅の構内案内や運行情報、電車の到着予定状況など、利用者は次々と更新される最新情報をキャッチすることができる。スクリーンの画面は、指でタッチして簡単に操作でき、地下鉄の路線図やルート、どこで乗り換えればいいのかといった情報がわかりやすく表示される。もし不明なことがあれば、スクリーンを経由して、駅係員と通話して直接尋ねることも可能だ。また、このタッチスクリーンは広告表示の機能ももっており、地下鉄運営会社の大きな収入源としての役割も期待されているという。

これらのタッチスクリーンは今年末を目安に、日にのべ400万人以上が乗降するニューヨークの主要駅に、約90台設置される見込み。

New York City MTA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報