海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise PC向けゲームをタブレット端末で動作可能にするクラウドプラットフォーム「Agawi」、Androidデバイスにも対応

Enterprise

PC向けゲームをタブレット端末で動作可能にするクラウドプラットフォーム「Agawi」、Androidデバイスにも対応

パソコンを始め、任天堂の「Wii」やソニーの「プレイステーション」など、日本でもそれぞれ異なるゲーム機のプラットフォームが存在しているが、ゲームソフトの開発者にとっては、同じゲームタイトルであっても、プラットフォームごと...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Agawiパソコンを始め、任天堂の「Wii」やソニーの「プレイステーション」など、日本でもそれぞれ異なるゲーム機のプラットフォームが存在しているが、ゲームソフトの開発者にとっては、同じゲームタイトルであっても、プラットフォームごとに適合した改良を施さなくてはならず、開発の大きな妨げとなっている。「Agawi」は、そんなパソコンゲーム開発者たちの大きな助けとなってくれそうなプラットフォーム。パソコン向けに開発されたゲームを、AndroidのモバイルデバイスやiPadといったタブレット端末で動作させることができる。

近年、タブレット端末の出荷量は増大しており、タブレットを利用するユーザー数はますます増加している。パソコンを使わずにタブレットで用を済ます人も多く、そんなタブレットユーザーは、ゲーム業界にとっては注目すべき存在だ。「Agawi」では、クラウドテクノロジーを活用し、ゲームタイトルのデータすべてを変換してデータセンター内に蓄積し、蓄積しているデータを、各ゲームプレイヤーのタブレット端末に送信するという仕組みになっている。サーバー上でゲームデータ管理をする形をとっているため、ユーザーがどんなハードウェアでゲームをプレイしているのかに関わらず、ゲームを動作させることが可能だ。

単に「Agawi」のプラットフォームを利用するだけで、ソフト開発者側には何の負担も強いられない点が大きなメリットとなる。business-to-business-to-consumer(B2B2C)プラットフォームとして開発された「Agawi」では、3日間、または5日間といった期間レンタルのシステムを採用しており、現在15のパソコンゲームタイトルが提供されている。また、「Agawi」では、すでに数千タイトルものソーシャルウェブゲームが投入されており、今後、新たなパソコンゲームタイトルもリリースされる予定だという。

Agawi
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報