海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up プライベートジェットを低価格で!プライベートジェット運航企業と乗客を結ぶサービス「JumpSeat」登場

Start Up

プライベートジェットを低価格で!プライベートジェット運航企業と乗客を結ぶサービス「JumpSeat」登場

プライベートジェット市場がホットになってきている。より快適で自分の都合に合わせたフライトの手配ができるサービスを展開しているスタートアップはすでにいくつかある。そうした中、安さを売りにしながら運航側と利用したい側を結ぶサ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
JumpSeatプライベートジェット市場がホットになってきている。より快適で自分の都合に合わせたフライトの手配ができるサービスを展開しているスタートアップはすでにいくつかある。そうした中、安さを売りにしながら運航側と利用したい側を結ぶサービスサイト「JumpSeat」が登場した。空き部屋を短期間貸したい人と旅行などで安く部屋を借りたい人をマッチングするサービス「Airbnb」の空の旅版ともいえる。

プライベートジェットの需要はある。しかし当然のことながら、セレブのように1機まるごとチャーターするのは費用がかかる。通常の人はなるべく価格を抑えたいのが本音だろう。JumpSeatなら、他の人と乗り合わせるのが嫌でなければ低価格で快適なフライトが楽しめる。

JumpSeatの顧客はフライトを運航する側と、座席を求める側がある。運航する側はJumpSeatでフライトの座席を販売することができる。一方、座席を求める側は、サイトでどんなルートのフライトがあるのかをチェックし、利用したい便があったらチケットを比較的安い価格で購入することができる。

プライベートジェットの運航費用の相場は2万5000ドル超。多くの場合、乗客は3−5人だけで席は余っている。しかし実際、ジェットの定員は8−15人。しかも、予約客を迎えに行くのに乗客ゼロで行き、降ろしてからも客室はからっぽで戻ることがほとんどと効率は決してよくない。そこにJumpSeatは目を付けた。運航側にとっては自前で集客する手間とコストが省け、乗客にとっては比較的安くプライベートジェットを利用できるとあって、まさにwin-winのサービスとなっている。

JumpSeat
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報