海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech カーシェアリングと相乗りサービスのハイブリッド型モビリティサービス「Spiri」

Tech

カーシェアリングと相乗りサービスのハイブリッド型モビリティサービス「Spiri」

米国発の「ZipCar」や独ダイムラーの子会社が運営する「Car2Go」など、会員間で特定の自動車を共同利用するカーシェアリングは、世界各地に普及している。 また、代表的なオンデマンド配車プラットフォームUberの相乗り...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Spiri」専用電気自動車米国発の「ZipCar」や独ダイムラーの子会社が運営する「Car2Go」など、会員間で特定の自動車を共同利用するカーシェアリングは、世界各地に普及している。

また、代表的なオンデマンド配車プラットフォームUberの相乗りサービス「uberPOOL」や、データ解析を活用したニューヨークのスマート乗り合いサービス「Via」のように、複数の乗客が相乗りし合うサービスも、近年、欧米の都市部を中心に広がりはじめてきた。

・相乗りする乗客がいれば自動車を無料で利用OK


「Spiri」のスマホアプリ画面デンマークのスタートアップ企業「Spiri」は、カーシェアリングと相乗りサービスを組み合わせた新しい都市型モビリティサービスを、2017年に開始する。

「Spiri」の特徴は、既存の相乗りサービスのようにドライバーを雇うのではなく、運転免許証を有する一般ユーザーがドライバーを務める点。

一般ユーザーは、相乗りする乗客を指定場所で乗降させる代わりに「Spiri」の自動車を無料で利用でき、乗客は、公共交通機関の運賃と同等の安価な料金で、この相乗りサービスを利用できる仕組みだ。

自動車の利用予約や相乗りのリクエストは、各ユーザーがモバイルアプリで行い、ドライバーとなる一般ユーザーと、同じ方面に移動する乗客とを、自動的にマッチングさせる流れとなっている。

・カーシェアリングと相乗りサービスのハイブリッド型モビリティ


「Spiri」では、このサービスのための専用電気自動車も開発している。

車両重量は750キログラムと超軽量で、40分でフル充電が可能。また、乗客が乗り降りしやすいよう幅広なドアにしたり、荷物の収納スペースを十分確保するなど、様々な工夫を施している。

電気自動車を活用したカーシェアリングと相乗りサービスのハイブリッド型モビリティモデルとして、今後の動きに注目したい。

Spiri
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

注目の記事

WHAT'S NEW

最新情報