海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 赤外線カメラ&GPS搭載で遠隔操作が可能!室内を舞う人工蝶がドイツに登場

Start Up

赤外線カメラ&GPS搭載で遠隔操作が可能!室内を舞う人工蝶がドイツに登場

近年、犬・鳥から海の生き物まで、動物を模したロボットが次々と登場しているなか、ひらひらと舞う人工蝶「eMotionButterfly」が注目を集めている。 ちなみに、これはドイツのエスリンゲンに拠点を置くスタートアップF...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
EmotionButterfly 01近年、犬・鳥から海の生き物まで、動物を模したロボットが次々と登場しているなか、ひらひらと舞う人工蝶「eMotionButterfly」が注目を集めている。

ちなみに、これはドイツのエスリンゲンに拠点を置くスタートアップFestoにより開発中の製品である。

・赤外線カメラを搭載した室内GPSで蝶の位置を捕捉


なぜ蝶が空中をひらひらと舞うことができるのかと言うと、ここでカギを握るのが室内に設置された10個の赤外線カメラである。

EmotionButterfly 02

赤外線カメラを使って蝶の位置を捕捉後、その位置データがコンピュータに送信される仕組みとなっている。

こうして、赤外線カメラ付きの室内GPSのおかげで、蝶の飛行ルートが調整され、蝶は室内空間をゆらゆらと舞うことができるのである。

・超軽量


重さについても本物の蝶と同様に再現されており、非常に軽量な材質で出来ている。

さらに、人工蝶に使用する材質を最小限に留めるとともに、機能の統合、人工蝶に搭載する電源ユニットの最小化にも成功している。

狭い空間を舞うことができるため、将来的には工場などでの活躍が見込まれているようだ。

eMotionButterfly
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報