海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 充電不要!電動アシストに見えないスタイリッシュな自転車「Budnitz Model E」

Start Up

充電不要!電動アシストに見えないスタイリッシュな自転車「Budnitz Model E」

電動アシスト自転車というと、バッテリーの存在感が大きく、いかにもという感じ。 しかし、米国バーモント拠点のBudnitz社がカスタムメイドで手掛ける「Model E」は一見、電動アシストに見えない。 というのも、バッテリ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Budnitz電動アシスト自転車というと、バッテリーの存在感が大きく、いかにもという感じ。

しかし、米国バーモント拠点のBudnitz社がカスタムメイドで手掛ける「Model E」は一見、電動アシストに見えない。

というのも、バッテリーが見えないデザインになっているから。見た目がクールなうえ、下り坂走行や逆向きのペダルこぎでバッテリーを充電するというスグレモノだ。

・ハブモーターにバッテリー内蔵


バッテリーは後輪ホイールのハブモーター部分に内蔵されている。

Budnitz2ハブモーター全体はピカピカに磨かれたアルミホイールで覆われ、かなりスタイリッシュな外観。傍目に電動アシスト自転車と認識する人はかなり少ないだろう。

・充電の手間いらず


加えて、Model Eの売りはバッテリーの充電が不要という点にある。

普通なら、走行で減ったバッテリーを充電する必要があるが、Model Eは下り坂を走ったり、ペダルを後ろ向きにこいだりすることで充電される。

実際、バッテリーは内蔵されているので取り外しは不可。普通の自転車と同じように使用しながらアシストを享受できる。

Budnitz3・パワー調整も可能


では、アシスト機能の性能はどうかというと、最大スピードは時速24キロで、32〜160キロの走行をサポートする。

どのくらいのパワーでアシストしてほしいかは人によって異なるだろうが、Model EではBluetoothで連携させる端末でモードを変えられるようにもなっている。

・世界最軽量


自転車のボディはチタン合金でできていて、開発元は「電動アシスト自転車としては世界最軽量」とうたう。

加えて、ユーザーの乗り心地にも重点を置いていて、ユーザーの体格や好みが反映されるよう、各部位の高さやアングル、長さなどを調整して組み立てるカスタムメイドとのこと。

かなり手の込んだ自転車だけに値段もそれなりで、1台あたり3950ドル(約40万円)〜。簡単に手を出せる額ではないが、興味のある人はこちらのサイトをチェック!
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報