海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 米政府が募集する入札案件の情報をリアルタイムで通知してくれるiOSアプリ「Hōrd」

Enterprise

米政府が募集する入札案件の情報をリアルタイムで通知してくれるiOSアプリ「Hōrd」

政府や地方自治体などが手がける事業は規模が大きいものも多く、募集プロジェクトは、業者にとって大変魅力的な大口案件だろう。アメリカの政治中枢であるワシントンDCエリア周辺の企業にとってもそれは同じで、アメリカ政府の動向には...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Hord政府や地方自治体などが手がける事業は規模が大きいものも多く、募集プロジェクトは、業者にとって大変魅力的な大口案件だろう。アメリカの政治中枢であるワシントンDCエリア周辺の企業にとってもそれは同じで、アメリカ政府の動向には注目しておきたいところ。とはいっても、政府からリリースされる情報は限定的で、情報提供も遅く、仕事を受注するタイミングを逸してしまうことも少なくない。そんな状況を打破するために開発されたのが、GovTribeからリリースされたiOSアプリの「Hōrd」である。

「Hōrd」は、特化された高度な情報分析テクノロジーを駆使し、政府が提供する複雑で見づらかった情報を理解しやすいように整理し、スマートフォンを通じて配信するプラットフォームだ。連邦政府が公開する募集業務の内容や、担当者の情報などのほか、カテゴリー別で区別されているさまざまな関連情報について参照したり、情報の検索をおこなうことができる。どのような案件があって、誰が担当官なのか、どんな追加情報がリリースされているのかなど、これまでユーザーにとってフォローし追跡することが困難だった案件情報について、「Hōrd」で一挙にまとめて閲覧することができるようになる点は大きいだろう。

さらに、競合他社の過去の取引実績や、取引成約の情報などを追跡することも可能。「Hōrd」に設定をしておくことで、どんどん更新されていく関連情報について追加や新規の情報が入った場合、「Hōrd」がリアルタイムで通知をしてくれるので、大事な情報を見逃す心配がないのもありがたいところだ。この便利なアプリ「Hōrd」は、約4ドルで提供されており、iOS 6.0以降のバージョンに対応している。

Hōrd
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報