海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech フルカラー出力&異素材同士をブレンドできる3Dプリンター「RoVa4D」が登場!1000万以上の出資を集める

Tech

フルカラー出力&異素材同士をブレンドできる3Dプリンター「RoVa4D」が登場!1000万以上の出資を集める

2014年にクラウドファンディングサイトKickstarterで資金集めに成功した3Dプリンター「RoVa3D」が、パワーアップして帰ってくる。その名も「RoVa4D」。 今度は、エクストルーダー(押出機)が5つに増え、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
RoVa4D2014年にクラウドファンディングサイトKickstarterで資金集めに成功した3Dプリンター「RoVa3D」が、パワーアップして帰ってくる。その名も「RoVa4D」。

今度は、エクストルーダー(押出機)が5つに増え、前バージョンより大型になった。

・CMYK+ホワイト、フルカラーで出力できる3Dプリンター


だが、1番の特徴はフルカラーで出力ができる点だ。インクジェットプリンターでは、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色をミックスして1つのカラーを調合するが、「RoVa4D」ではその4色にホワイトのフィラメントが加わっている。これはインクジェットと違い、白い紙に印刷するわけではないため。

各カラーは独立して収容されていて、ブレンドされ1つのノズルから排出される仕組み。

RoVa4D3素材を溶かして射出するホットエンドは全部で3つあり、1つは色、色調、色彩、明度、彩度を調節するもの、2つめはゴムのような伸縮性が特色の“NinjaFlex”などのフレキシブル素材用のもの、3つめは分解サポート素材用のものだ。

プリント時にはこれらを切り替えて調整をおこなえる。基本4色を組み合わせることで、どんなカラーでも再現できるのが大きな魅力。

・異素材をブレンドすることもできる


しかし、「RoVa4D」ができるのはそれだけではない。さまざまなPLA樹脂などの素材をブレンドすることで、硬いもの、柔らかいもの、どちらも出力できてしまうのだ。

エクストルーダーに5つの別素材をセットして、ミックスされた素材が1つのホットエンドから排出され、基本4色を組み合わせるのと同じようにして、新しい素材で出力することができる。

RoVa4D2CMYK+Wカラーの5点パックと、カーボンファイバー、木材、透明素材、金属素材、ソフト素材の5点パックがそれぞれ用意されているので、好きな方を選んでもよいし、両方ゲットしてもよい。

・すでに目標額の6倍超えの資金を集める


色も素材も選択次第で自由度満点の3Dプリンターは、目標金額2万5000カナダドル(約192万円)のところ、13万カナダドル(約1000万円)以上を集める人気ぶり。8月24日まで出資を受付中だ。

RoVa4D
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報