海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 2500万DL突破のカメラアプリ「FxCamera」、写真を共有すると募金ができるチャリティープロジェクトを開始

Mobile

2500万DL突破のカメラアプリ「FxCamera」、写真を共有すると募金ができるチャリティープロジェクトを開始

ペットや料理の写真など、スマートフォンで毎日のように写真を撮って楽しんでいる人もいるかもしれない。そんな個人の趣味が、寄付につながるとしたらどうだろう。「FxCamera」は、世界の225カ国から2500万件以上のダウン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
FxCameraペットや料理の写真など、スマートフォンで毎日のように写真を撮って楽しんでいる人もいるかもしれない。そんな個人の趣味が、寄付につながるとしたらどうだろう。「FxCamera」は、世界の225カ国から2500万件以上のダウンロード数を誇る無料のカメラアプリ。「FxCamera」は、ビンテージ感のある写真になる「Instant」、左右&上下対称の写真が撮れる「Symmetric」など、オリジナルのエフェクトを上手に活用することで、個性的な写真が撮れるだけでなく、周りの音声を録音できる音声録音機能ももっており、投稿先の写真共有ページで音声を再生することもできるという、大変便利な写真アプリだ。

このたび、「FxCamera」が新しく始めた企画「チャリティプロジェクトカメラ」は、チャリティ専用として新しく導入されたエフェクト(Planet、Waterdrop、Aqua)を使って撮影された写真が、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで共有された場合、NGO団体などに1セント(約0.9円)が自動的に寄付されるという仕組みになっている。この寄付されたお金は、自然保護や社会貢献事業に活用されるという。

この仕組みでは、アプリを利用しているユーザーに課金をするわけではないため、ユーザーはただ単にアプリを楽しく利用して、多くの人たちとシェアするだけで社会貢献ができるという、画期的なプラットフォームになっている。

FxCamera
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報