海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 水深200メートルまで対応!水中カメラ「Octospot」は色補正もする本格派

Start Up

水深200メートルまで対応!水中カメラ「Octospot」は色補正もする本格派

スキューバダイビング経験者なら知っているかと思うが、水中で撮影しようと思ったらそれなりの機材が必要だ。 特に水深が大きくなるほど、水圧に耐えられるだけの頑丈さが必要で、機材は必然的にかさばるものになりがち。 しかし、その...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Octospotスキューバダイビング経験者なら知っているかと思うが、水中で撮影しようと思ったらそれなりの機材が必要だ。

特に水深が大きくなるほど、水圧に耐えられるだけの頑丈さが必要で、機材は必然的にかさばるものになりがち。

しかし、その水中撮影をより手軽にできるカメラが開発された。ボタンひとつで撮影できる、手のひらサイズの「Octospot」だ。

・自然な色で撮影


Octospotは形状といい、小さな懐中電灯のよう。ハウジングなどに入れる必要はなく、そのまま持って水中に入れる。1回の充電で2時間使用でき、水深200メートルまで対応する。

Octospot3丈夫さに加え、Octospotの売りは撮影時にホワイトバランスを自動調整してくれること。

水中では深度に応じて緑がかって見えるが、Octospotは内蔵する深度センサーのデータをもとに自動調整して自然な色にしてくれる。

・アプリで映像編集


撮影した映像の閲覧は、スマホの専用アプリで。アプリではハイライトだけを抜き出すなどの編集もできるので、「カメに遭遇した!」などのメッセージ付きでそうしたクリップを友達とすぐにシェアすると楽しそう。

Octospot5また、Octospotのセンサーは深度に加え、水温や時間なども記録するので、こうしたデータをログ付けにも活用できる。

・起動を振動でお知らせ


水中での動作は陸上のようにスムーズにいかないが、さすがダイバーが開発したカメラだけあって、Octospotの操作性は抜群だ。

カメラの起動はスイッチをスライド、撮影モードの選択はダイヤルを回すだけ。起動できたかどうかは、バイブレーションの有無で確認できるなど、随所に工夫が見られる。

Octospot2ダイバー必携ともいえるカメラOctospot、現在はクラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中。今なら369ドル(約3万7000円)の出資で入手できる。

すでに目標額は達成しているので商品化はほぼ確実な情勢。出資期限は8月4日、発送は来年1月を見込んでいる。

Octospot/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2493235/video-680687-h264_high.mp4
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報