海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media オンラインで寄せ書きが贈れる「ヨセッティ」、FacebookやTwitterを通じてメッセージの書き込みが可能

Social Media

オンラインで寄せ書きが贈れる「ヨセッティ」、FacebookやTwitterを通じてメッセージの書き込みが可能

日本には、会社で勤めている人が退社するときや、赤ちゃんが生まれたときなどに、寄せ書きを送る習慣がある。友人や知人たちの手書きのメッセージは受け取るとうれしいものだが、このアナログの寄せ書きの場合、実際その場にいる人から手...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨセッティ日本には、会社で勤めている人が退社するときや、赤ちゃんが生まれたときなどに、寄せ書きを送る習慣がある。友人や知人たちの手書きのメッセージは受け取るとうれしいものだが、このアナログの寄せ書きの場合、実際その場にいる人から手書きで書いてもらうしかなく、遠方にいる人に寄せ書きメッセージをもらうことは難しかった。それなら、アナログだった寄せ書きをデジタル化してしまおうというのが、「ヨセッティ(yosetti)」という新たなWebサービス。

「ヨセッティ」は、立ち上げ人が幹事となって、寄せ書きに参加する他のメンバーを募るという流れになっている。幹事はまず、シーンに合った寄せ書きテンプレートの中から、好きなデザインを選んで新規作成をする。「ヨセッティ」のログイン方法は3つあり、Facebookアカウント、Twitterアカウントを利用してログインできるほか、yosetti.comで新規アカウントを作成してログインするという方法があり、Facebookなどのアカウントを利用する場合、新規登録作業が不要なので手間いらずだ。

幹事が作成した寄せ書きデータにはシェア用のURLが付与され、FacebookやTwitter、メールを通じて友人に寄せ書きを依頼できる。招待が届いた友人は、寄せ書きのメッセージごとに用意されたパターンの中から、好きなデザインを選択し、最大140文字まで自分のメッセージを書き込める。デコレーションを加えてオリジナリティを出して楽しく演出することも可能だ。

幹事は、お届け設定のメニューのうち、「Webでお届けする」「PDF版を購入する」「プリント版を購入する」、これら3つの中から選択する。「Webでお届けする」の場合は無料で、メールやFacebook、LINEのメッセージで、寄せ書きを送ることができる。iPadで見るのにぴったりな「PDF版」はデータ1部につき300円、でき上がった寄せ書きデータを色紙にプリントし、特製ケースに入れて送り先に実際に届けられる「プリント版」なら、配送料&税込みで2800円~。節目の季節である3月や4月など、これからのシーズンに役立ってくれそうだ。

ヨセッティ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報